クリア
とは何か」 の検索結果 31 記事
前回確認したように、積分では、微分とは逆に、導関数から復元された、微分する前のもとの関数の方が演算の出力結果になります。そこで、これに新たに名前をつけて「原始関数(primitive function..
ここまで落下運動を例にみてきたような、ある対象値における変化の様子を極限の手法を使って捕捉しようとする操作を 「微分」(differentiation) といいます。
二項定理を扱ううえで必要になるもうひとつの知識が、「確率・統計」のところで学ぶ「順列」「組み合わせ」の「数え上げ(場合の数)」の考え方です。詳しい話はその機会にあらためて触れるとして、ここでは二項定理..
今回から「二項定理」(binomial theorem)を勉強します。「二項定理」はここから先、学習を進めていく上で、随所で必要になる基本的な計算テクニックを導く定理です。純粋に計算に関する定理なので..
「数学的帰納法」(mathematical induction)は、数列の漸化式の考え方を応用した証明方法です。数列と一緒に説明されることが多いので、最後にこれを確認して、この節をおわりにします。
というタイトルですが、まだ出てきたばかりですので、実際のところ、それがいったい何なのか、さっぱり分かりません。
ファイナンスで、投資運用の理論的な計算値を考える際に、1年間の合計金利が100%になるように複利運用をしたら運用額はどうなるか、という考え方をすることがあります。
前回は、任意の金利の連続複利が、ネイピア数「e」を金利で累乗した値になる、というところまで進めました。ここでは、それを対数の視点で読み替えてみます。
金利やファイナンスについて書かれたものを読んでいると、ときどき「割引率」とか「割引価値」といった用語を目にすることがあります。これらはなにをいっているのでしょうか?
ローンの返済で用いられる代表的な返済方式が「元金均等払い」と「元利均等払い」の二つです。この二つの比較では、よく次のような模式図がもちいられます。
等差数列、等比数列に次いで、もっともよく知られた数列が 「フィボナッチ数列」 です。
数列と関係の深い考え方のひとつに 「黄金比」 があります。
前のページ    1  2  3    次のページ