クリア
ウエイトリフティング」 の検索結果 63 記事
14198096_757780667697606_1492999456_n.mp4 CrossFit Hakataにて昨年開催されたウエイトリフティングセミナー。 ご質問の中で多かった..
私は幼少時、北九州の八幡に住んでいました。 習い事などは特にせず、保育園の年長から小学校低学年くらいまでは、とにかく外で遊ぶことが大好きだったことを覚えています。 通っていた保育園や小..
私は現役時代、健康やトレーニング方法に関する知識を学ぼうとせず、とにかくがむしゃらに重量挙げの練習に取り組んでいました。 結果として、練習量が多い分ある程度良い記録・成績を残すことはでき..
構え方はプレスやプッシュプレスと同じです。ただし、ディップの後バーベルの下に素早く潜り込まなければいけないことの意識だけは持っておきましょう。 ゆっくりとディップをおこない、太ももとふく..
プッシュジャーク・スプリットジャークともに、ディップを使い勢いをつけてバーベルを鎖骨の位置から一気に押し上げる動作です。プレスやプッシュプレスとは違い、ディップの後は素早く膝を曲げ、押し上げた..
バーベルは顔ギリギリのコースを通して持ち上げていきます。おでこあたりにバーベルが来たら、頭のてっぺんにバーベルを「スライド」させるような意識で移動させていきます。 頭のてっぺんあたりにバ..
手幅は、肩幅よりこぶし1つ分広い位置でバーベルを握ります。握ったときに、親指や人差し指に力を入れるのではなく、「小指」「薬指」に力を入れるイメージを持ちましょう。リラックスした状態で、腕や肩の..
上半身を鍛える代表的なウエイトトレーニングにベンチプレスがありますが、これは大胸筋を大きくするためのものです。ベンチに横たわった姿勢のまま、バーベルを胸の上で上下させます。 プレスも同じ..
十分にバーベルを鎖骨近辺まで引き込めたら、肘を素早く前方に返しバーベルを鎖骨上でキャッチします。これでハイクリーンの完成です。 バーベルを引き上げる際にしっかり体に引きつけたり、僧帽筋を..
ハイスナッチと同じく、この「跳ね上げ」はハイクリーンでも最も重要なポイントになります。バーベルがしっかりと真上に引き上がるよう、背中と太ももの筋肉が十分に伸びきるようなイメージを持つことが大切..
ハイクリーンの構え方は、デッドリフトの構え方と同じ形になります。手幅や足幅・肩の位置・その他注意点などは、デッドリフトの構え方を参考にしてください。構えてからバーベルを引き上げ始めるタイミング..
ハイクリーンとは、ウエイトリフティング(重量挙げ)競技の種目、「クリーン&ジャーク」の補助種目です。クリーン&ジャークの中でも特に「クリーン」部分のトレーニングになり、しゃがみ込まず高い位置で..
前のページ    1  2  3  4  5  6    次のページ