クリア
エネルギー・ハーベスティング」 の検索結果 240 記事
地球上のほとんどの生物は、細胞内のミトコンドリアが産生するATPをエネルギー源として、生命活動を営んでいます。米国コロンビア大学の研究チームが、このATPをエネルギー源として、電子回路を作動させること..
北アリゾナ大学は、NSFから634,000ドル(約7600万円)の助成を受けて、海生哺乳類の生態調査に活用するエネルギーハーベスティング技術を開発します。
2015年9月30日、英国のDrayson Technologiesは、TV、ラジオ、WiFiなど環境中の電波のエネルギーを収穫するRFエネルギーハーベスティング技術を開発したことを発表しました。最初..
オートフォーカス機能などを持つ、スマートコンタクトレンズの開発競争が進んでいます。大きな市場が期待されているウェアラブルデバイスのひとつです。
英国のロイヤル・カレッジ・オブ・アートとインペリアル・カレッジ・ロンドンを卒業したCharlotte Slingsbyは、フレキシブルな風力発電シート Moya Power を開発しました。
人間用のウェアラブルデバイスが話題になっていますが、これは馬用です。今年設立されたカナダのベンチャー企業SeeHorseは、今年のクリスマス商戦までに馬用のウェアラブルデバイスを発売する予定です。いつ..
ニュージーランドのベンチャー企業StretchSenseは、電池駆動のウェアラブルセンサを販売しています。同社は、2015年7月9~10日にサンフランシスコで開催されたWearable Technol..
2015年6月19日、ボーイング社は、騒音や炭素排出量を削減する新技術を評価する「ecoDemonstrator」飛行実証プログラムを拡張し、エネルギーハーベスティング技術を含む15の新技術の実証を行..
多忙でなかなかブログが更新できず、ついに月イチのペースにまで落ちてしまいました。。。国内の状況もだいぶ変化してきており、同じようなコンテンツでよいのかとも思いますが、また復活して書いていきたいと思いま..
EUのSmart-MEMPHISプロジェクトは、PZTによる圧電発電と、スーパーキャパシタによる蓄電、ASICで開発する電源回路、そしてフラットなパッケージング技術を組み合わせて自立電源システムを開発..
フィンランドのVTTは、葉っぱの形の色素増感太陽電池の量産に成功したとのこと。枝の部分は、3Dプリンタで作っています。 
2015年2月3日、ロンドン計画賞(London Planning Awards)2014-2015の受賞プロジェクトが発表されました。10部門のうち、Best Conceptual Projec..
前のページ    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11    次のページ