クリア
サケ」 の検索結果 561 記事
緑の旅のとびらが開放された時点で17日目。攻略記事によるとここから最短で行けば4日ほどで終わるそうだ。1章とは異なり、2章以降は30日以内のクリアでチャレンジ達成。今回は余裕がありそうだ。事前に必要な..
信濃川のJR東日本宮中取水ダム。市は隣接する右岸側の土地(中央奥)に水力発電所の建設を計画している=新潟県十日町市  長野、新潟県境から約20キロ下流にある信濃川のJR東日本宮中取水ダム(新潟県..
サケの稚魚を漁川に放流する児童ら  【恵庭】市内の小中学生ら約850人が19日、道と川の駅「花ロードえにわ」近くの漁(いざり)川でサケの稚魚約1万匹を放流した。  市民団体「えにわ市民サケの会..
本州有数の水揚げを誇るサケのまち、岩手県宮古市で17日、子どもたちがサケの稚魚を放流しました。サケが再び戻ってくるように、「壮行会」と名づけられた恒例行事です。 「元気で帰って来てね」 子..
いわき市では、子どもたちが地域を流れる川にサケの稚魚を放流した。 これは、地元の子どもたちに生き物に触れて自然について学んでもらおうと、いわき市でサケのふ化事業をしている組合が、毎年、続けているもの..
サケの稚魚を放流する児童  八郎潟小学校(秋田県八郎潟町)の2年生33人と八郎潟幼稚園(同)の年中・年長児23人が13日、五城目町上町の馬場目川でサケの稚魚約1万匹を放流した。八郎湖の水質改善に取り..
サケの稚魚を川内川に放流する園児たち  青森県むつ市川内町のエビナ保育園児18人が12日、同市の川内川にサケの稚魚2万匹を放流した。園児たちは「大きくなって戻ってきてね」と呼び掛け、川を下っていく稚..
ふるさとの自然や生き物の大切さを学ぼうと、8日、大館市の長木川で小中学生や地域住民がサケの稚魚5万匹を放流しました。稚魚の放流は、大館市民などでつくる「長木川に鮭をのぼらせる会」が水辺の環境保全を目的..
稚魚を放流する子どもたち  南相馬市は28日までに、真野川鮭増殖組合の協力で、同市鹿島区の真野川河川敷で児童によるサケの稚魚の放流を行った。  八沢小の1、2年生約20人が参加した。児童らは組..
県の漁獲不許可は「合理性ある」  水産資源保護などを理由にサケの固定式刺し網漁を禁じているのは不当だとして、沿岸9市町村の漁師100人が県に漁の不許可処分の取り消しを求めた訴訟で、盛岡地裁(中村..
オレガノ、稚魚の寄生虫予防  パスタやピザなどに使われるハーブの一つ「オレガノ」で育てられた秋サケの稚魚約1300万匹が今月末から、道内で初めて放流される。秋サケの稚魚を衰弱死させる寄生虫病を予..
 新潟市中央区の信濃川沿いに広がる堤防緑地「やすらぎ堤」で25日、親子連れ約200人がサケの稚魚約20万匹を放流した。  サケ資源の維持や環境保全を目的に、信濃川漁業協同組合(同市江南区平賀)な..
前のページ    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11    次のページ