クリア
関連するラベル 軍政 民主主義
タイ国」 の検索結果 644 記事
 プラユット訪米に関連する記事をもう一本。同盟管理の難しい仕事が残るという表記をつまみ食い。 《摘要》 1。今月初めのタイ首相プラユット・チャンオチャのホワイトハウス訪問は、一部の者によって、..
 タイ首相がワシントンを訪問するのは12年ぶりだと言う。クーに対する欧米の厳しい姿勢から国際的孤立色を憂えていた軍政には、一度キャンセルされたが、トランプの招きで訪問できたのは僥倖だった。さて訪問..
 政府側の一方的情報のみで内容の詳しい伝達がなく、批判的検証(実質禁止された)もなく、ましてや国民が条文を読みもしないまま、恐らく過去の延長上で判断し、早く軍政が終わればいいと誤解して賛成投票をし..
 政治屋は「社会契約」10箇条を拒絶する(表記)。前稿関連としてつまみ食いしておく。因みに前稿が9月、これが7月なのは一般向けイラスト(省略)化の前(文章だけ)であるため。 《摘要》 1。かな..
 タイ国を政治的対立と社会的怨嗟の循環から抜け出させる方法として軍政の提案したのが表記だ。ズバリ10箇条のみを拾う。 《摘要》社会契約10箇条 1。団結を知れ。和解に貢献し法の範囲内で自由を行..
 インラック逃亡が軍政との政治取引の結果でないか(表記)。一つの有力な推量だ。 《骨子》 1。今や逃亡者の元首相インラック・シナワットラの反対者は、軍政が知らず巻き込まれもせずに彼女が逃亡した..
 逃亡先のドバイで英国亡命を計画とプアタイ党幹部が言う(表記)。 《骨子》 1。インラックは金曜日裁判所に出廷しなかった。そこで彼女は納税者に推定150億ドルの負担を掛けた米補助金政策をめぐり..
 裁判の政治目的は財産凍結(→損害賠償名目での没収)にあるから、表記は言わずもがなの発言。さりながら政治目的を察する材料なので収録する。 《骨子》 1。元首相インラック・シナワットラの報じられ..
【承前】その1はこちら 11。司法裁判所報道官スーベポン・スリポンクン曰く、インラックが再び出頭しなければ裁判所は欠席状態で判決を読み上げるだろう。「彼女が逮捕されれば、逃亡意図を見せつけたので..
 (旧)支配階層による新興政治エリート階層潰し。それはIT関連に代表される新興産業への時代遅れ産業の嫉妬・怨嗟でもある。そして表面に出ないが、大恐慌の財政危機を官僚給与切り下げで対処した国王への反..
【承前】その1はこちら 10。泰米枢軸の宥和に向かうタイ指導者のさい金の熱意は中国の「辱め攻撃」に伴うタイ国の不安とワシントンに揺れ戻る利益とを指摘しているかもしれない。併し、米国の風にしなうこ..
 クー後欧米から疎んじられた軍政は国際的孤立を避けるべく北京に救いの道を求めた。中国はタイ国にとって貿易・観光面で大事な相手先ではあるものの、外交・安全保障面で中国圏入りしてよいものか。特に米国と..
前のページ    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11    次のページ