クリア
関連するタグ 軍政 民主主義
タイ国」 の検索結果 627 記事
 タイ人の生活ぶりを見ていると一方で日々の僧侶へのタンブン(食事供養ほか)があるものの、ゴールド嗜好、物質的富への執着、虚栄の強さが同時に目について、表記が俄かに信じがたい。建前/逆説的表題なのだ..
 寺を隠れ蓑にした不正、僧の不行跡が社会面を賑わせば、当然信徒は眉をひそめ敬遠するようになる。ラック・タイ(タイ国の基礎)の一つ、仏教界をどうするかは重要問題だ。表記をつまみ食いしておく。 《摘..
【承前】その1はこちら 18。タイ政府は、EECへの官民双方の総投資が数ヶ年で累計1.9兆バーツになるだろう、と査定する。年末までにウタパオ空港の格上げ、鉄道複線化及びバンコク=ラヨーンを結ぶ高..
 「タイ首相プラユット・チャンオチャの『東部経済回廊(EEC)』計画が目指すのは様々なハイテク産業への新規外国人投資の誘致だ。機能するだろうか」と説き始める表記。論旨を追っておこう。 《骨子》 ..
 罷免が決まった選挙管理委員の一人、ソムチャイ・システヤコムはあろうことかインラック政権末期に行われた選挙を阻害する方向で動いた。デモ隊の違法な選挙妨害を黙認した。言わずもがな、どこかの意向に沿っ..
 焦点はトランプが民主主義の旗を掲げて軍政にガツンと一発与えるかどうか。P爺は軍政の容認、何とかよりを戻したいところだ。一方潜水艦購入などで軍事的に中国傾斜を明らかにした状況をトランプが容認するの..
 インラック政権末期の選挙実施に際し、本来円滑な実施に努力すべきにも拘わらず、寧ろ実施を阻み、阻止行動を放置したと見える選挙管理委員会の有様に私は当時非常に立腹していた。明らかにクーの口実作りに協..
 選挙は新憲法下、所詮仮面民主主義なのだが。軍政へのNOの始まりとして表記をとり上げよう。 《骨子》 1。軍政になって3年、全国的世論調査が発見した。市民の50.6%が可及的速やかな選挙を願望..
 ブルームバーグが論じるよう(ビデオはこちら)にタイ国経済の現実の成長率が潜在成長率を下回っているかもしれない。その原因に軍政があるのかどうか、表記をつまみ食いする。 《摘要》 1。選挙された..
 スアン・ドゥシット・ラジャバト大学が最近実施した世論調査が事件を政治関連と見る国民の多いことを明らかにした(表記)。今後の展開の前兆かもしれぬので短信ながら採り上げる。 《骨子》 1。世論調..
【承前】その1はこちら。その2はこちら。その3はこちら。 市民ジャーナリストの侮辱 33。サグアン・クムルンロはかなりよく知られた、反軍政の市民ジャーナリストでフェイスブックにほぼ17,5..
【承前】その1はこちら。その2はこちら。 有名指揮者の警告 21。名前ソムトウ・スチャリツクルは王冠への忠誠と同義だ。昨年、故国王プーミポンの崩御後、ノック航空での飛行中にマエストロは物議を醸..
前のページ    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11    次のページ