クリア
関連するラベル 軍政 民主主義
タイ国」 の検索結果 650 記事
 表面的栄華の裏には膨大な数の貧者がいて、皆が貧乏故の「貧しさの平等」に僅かに慰められている。半分近くの国富を上位1%が占めるこの国はジニ係数で言えば革命が起きてもおかしくない状況だ。とはいえ、外..
 タクシン政権でタクシノミクス企画立案実施に活躍したソムキットは前回クーでも経済産業担当として活躍し、現在軍政下同じ業務を担っている(尤もプラユットは政権維持に不足と思っているらしい)。タクシン、..
【承前】その1はこちら 8。最近までオーストラリア国立大学にいて直ぐにウイスコンシン大学マディソン校に移るタイレル・ハーバーコーンが記す。如何に王室の火葬の儀がタイ国における権威主義的支配の性格..
 前稿の補足(表記)。火葬の儀の政治的意味合いの解読。 《骨子》 1。今週初め、ニュー・マンダラは故国王プーミポンの火葬の儀の重大性に関して一組のタイ人学者の短い省察を読者に届けた。今日もまた..
 見事に荘厳された国王火葬の儀が終わった。グランド・パレスや式場周辺には沿道で最後の別れを告げるタイ国民が喪服に身を包んで、前日から押しかけ夜は路上に寝てまでして、参列した。1フット(30cm)ず..
 タイ国支配層の一部と見られるバンコク・ポスト紙だけに表記社説が注目される。 《骨子》 1。服喪期間が終わるー公式に。月曜日の朝、国旗が全開ではためく。公務員用喪服着用規則と公衆向け着衣指導線..
 プラユット訪米に関連する記事をもう一本。同盟管理の難しい仕事が残るという表記をつまみ食い。 《摘要》 1。今月初めのタイ首相プラユット・チャンオチャのホワイトハウス訪問は、一部の者によって、..
 タイ首相がワシントンを訪問するのは12年ぶりだと言う。クーに対する欧米の厳しい姿勢から国際的孤立色を憂えていた軍政には、一度キャンセルされたが、トランプの招きで訪問できたのは僥倖だった。さて訪問..
 政府側の一方的情報のみで内容の詳しい伝達がなく、批判的検証(実質禁止された)もなく、ましてや国民が条文を読みもしないまま、恐らく過去の延長上で判断し、早く軍政が終わればいいと誤解して賛成投票をし..
 政治屋は「社会契約」10箇条を拒絶する(表記)。前稿関連としてつまみ食いしておく。因みに前稿が9月、これが7月なのは一般向けイラスト(省略)化の前(文章だけ)であるため。 《摘要》 1。かな..
 タイ国を政治的対立と社会的怨嗟の循環から抜け出させる方法として軍政の提案したのが表記だ。ズバリ10箇条のみを拾う。 《摘要》社会契約10箇条 1。団結を知れ。和解に貢献し法の範囲内で自由を行..
 インラック逃亡が軍政との政治取引の結果でないか(表記)。一つの有力な推量だ。 《骨子》 1。今や逃亡者の元首相インラック・シナワットラの反対者は、軍政が知らず巻き込まれもせずに彼女が逃亡した..
前のページ    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11    次のページ