クリア
デモンズソウル日記」 の検索結果 13 記事
ボーレタリア王城以外の長たちを倒し、残るはオーラント王だけとなった。 「つらぬきの騎士の要石」から王城へ入り、先へと進む。
つらぬきの騎士を倒した僕は、残りのデーモンを倒すべく祭祀場、ラトリア、腐敗の谷へ再度足を運んだ。 もうこれらの要石に残っているデーモンは、その世界を治める長だけだ。
マンイーターを倒し、次はストーンファング坑道へ向かった。 炎に潜む者の要石から入って奥へ向かう。目の前に見えたのは細い一本道だった。
塔のラトリアへと向かった僕は、ガーゴイルに連れられて来た塔上部へと辿り着いた。 地面が見えないほどの高所で、足場も狭い。どうやって建てたのか全く理解できない場所だ。
僕は審判者の要石から嵐の祭祀場奥へと進んでいった。 記憶が正しければ、この先は崖を進んで行くことになったはず・・・。
ストーンファング坑道で炎に潜む者を倒し、楔の神殿に戻ってきた僕は 次なる旅路を、腐れ谷の更に奥へと決めて「ヒル溜まりの要石」から足を踏み入れた。
ストーンファング坑道へ向かい、タカアシ鎧蜘蛛の要石から出発。 地下なのでトンネル道が多く、狭いので注意して進む必要がありそうだ。
愚かな者の偶像を倒したはずが、「何度でも蘇る」という言葉の通り何度倒しても蘇った。 そこで考えた。偶像の力の源、あるいは偶像の本体がどこかにあるんじゃないかと。 ふと、黄色い魔方陣を思い出し僕..
嵐の祭祀場は思ったより楽に突破することができたので、僕はそのまま塔のラトリアへ向かった。 足を踏み入れると、そこは腐れ谷よりも邪悪で嫌な雰囲気が立ち込める場所だった。
腐れ谷の匂いが体に染み付いて取れないまま、僕は嵐の祭祀場へ向かった。 僕の記憶だと、ここには戦闘能力の高い骸骨や不気味なデーモンがいたはずだ・・・気をつけなければ。
ストーンファング坑道を後にした僕は、腐れ谷へ向かうことにした。 この場所は覚えている。良い思い出が何一つ無い・・・ダークソウルの病み村以上にテンション下がるマップだ。
ボーレタリア王城のファランクスを倒し、他の要石を解放したあと 僕はストーンファング坑道へ足を運んだ。
前のページ    1  2    次のページ