クリア
バックハンド」 の検索結果 90 記事
卓球では、バックハンドでも強いショットを打つコツがとても大切です。 卓球が上手くなるかどうかは、バックハンドの扱いがポイントです。 バックハンドで強いショットが打てないと ボールコン..
ストロークで腕だけで打ついわゆる「手打ち」はダメで「体全体を使って打ちなさい」とテニススクールでは良く言われますよね。 実際にヒザ、腰、肩、腕と効率よく体を使えれば、とても良いボールが打てま..
リターンはサービスの次に大切なショットです。 しかし残念なことに~中上級プレーヤーまではリターンに対する意識が非常に低い傾向にあります。 一つの理由として、仲間内でやる時はストローク中..
形成逆転のカウンターショット、誰もが憧れるショットですよね。 目も覚めるような高速カウンターは華のあるショットですし、実際ポイントが取れると相手に大きな精神的ダメージを与えることができます。..
ショットにおける「打点」は全てのショットに対して大事なのは間違いないですが、片手バックハンドほど打点にシビアなショットはありません。 片手バックハンドはラケットによる遠心力を最大限に用いるこ..
これはあるテニス中級者の方がこのように仰っていました。 その人曰く、自分は一生懸命動いているのに動画で見るとラケットの動きが全然速くなっていない、上手い人をみると動きは意外とゆっくりでリラックス..
テニスで若さは武器です。 若さがあればフットワークが軽い、パワフル、上達もスポンジのように早い。 でも、やっぱり若い子に負けるのは悔しいもの。簡単に負けてしまってはだめでしょう。 今回は..
今回はダウンザライン(ストレートショット)を打つコツをついて書きたいと思います。 ダウンザラインはシングルスで有利に試合展開するためには必要不可欠なショットです。ダウンザラインに精度良く打てるかどう..
今回は相手のドロップショットを拾うときのコツについて書きたい思います。 ドロップショットの切り返しが上手いプレーヤーや足が単純に速いだけじゃないのです。ドロップショットを打たれやすいシチュエーション..
トッププロの試合を見るともの凄いスピードど鮮やかなウィナーを奪っている場面がありますよね。テニスはミスを減らすスポーツと言えど、やっぱり華麗なウィナーを奪いたいものです。 ウィナーの取り方は色々..
ストローク戦で厄介なボールの一つとしてしっかりスピンのかかったムーンボールがあります。 ムーンボールは肩口より高い打点で打たされしまうこともしばしばあり、しっかり練習しないと防戦一方になります。今回..
フェデラー選手に代表されるトッププロの写真で、インパクト後にものすごく下に向いている写真をみたことはありませんか?実はインパクト後に下を向くのは意図的に下に向かせているわけではないのです。そこにはフェ..
前のページ    1  2  3  4  5  6  7  8    次のページ