クリア
プラスティネーション」 の検索結果 17 記事
気になる!プラスティネーション プラスティネーション! 特殊な技術で保存された、 人体の世界と称した、本物の人体の展覧会「Body Worlds 3」が・・・
●アカシュモクザメとシロシュモクザメの頭骨は結構違うっぽい 気付けばもう(これを書いているのは)大晦日. ホネサミ2014では,詰め込み過ぎてイマイチな展示をしてしまったばかりか,誤同定し..
ホネサミ最終日. 24時間スパをチェックアウトし,空を見上げると,地面は濡れているものの台風はどこへやらといった空模様. このままイケるのでは…と思いつつ準備を行う. ..
目が覚めると,台風はどこへやらといった感じの天気. 前回のようなギシアン的事案もなく,すこぶる快調. さて. 限られた時間で効率よく何かを見る/見せたい時,詳細に全てを見渡すのは至難..
2014年6月頃の話. 前回のホネサミ展示の反省点は大きく2つあった. 1.展示数が多く,準備や片付けが大変だった 2.ホネへの導入例があまりないので,経過観察を報告する必要がありそう ..
2011年10月10日,大阪 第2回ホネホネサミット帰りの電車で,軟骨標本の薬品処理ネタの経時報告をするため,第3回への参加を誓う. PEG含浸処理法のフォローアップのため,ブログで解説記事を投下..
3年ぶり,第3回目のホネサミが開催されるとのことで,早速参加申し込みしました. 前回の様子はこちら ホネサミ2011で紹介したPEG含浸による軟骨標本話の後始末をしつつ…というか,3年間経っていろ..
 現在京都で行われている「人体の不思議展」ですが 厚労省が「標本は遺体」との見解を示しました。  しかし最初からグンター・フォン・ハーゲンス博士が考案した プラスティネーションという技術を使..
16:57 01/19 ソロモンブログ by キングソロモン http://solomonking.seesaa.net/
剥製じゃなくプラスティネーションで展示するようになるのかな。
「人体の不思議展」でしたかね? いつもこの展覧会をやってると見にいきたいと思うんですが 未だに行った事がありません。 実際に生きていた人間の体というのを考えると ちょっと怖いような気も..
Body Worlds Exposition: Part 1  ↓   ↓   ↓ ちと、キモイけど、こういう最新技術が、医学の発展に役立つんだろうね・・
なぜ今さらという声も聞こえてきそうだが、特に意味は無い。たまたま関連サイトを見かけて思い出しただけ。 客観的な事実として。 プラスティネーション開発者グンター・フォン・ハーゲンスは、人..
前のページ    1  2    次のページ