クリア
マツダアクセラ」 の検索結果 66 記事
2019年のMAZDAは!?  このブログは元々は『アテンザ・シリーズの進化・発展』を願って書き始めたものですが、そのモチベーションとなる『独善的な期待と欲望』は、次期アクセラでもしかしたら部分..
New 2019 Mercedes A-Class saloon uncovered in Beijing https://t.co/3mtJeOrWIA @AutoExpressさんから— CARD..
  「pen」の自動車特集号が面白かった!! もしかしたらマツダが協賛している企画なのかもしれないけど、さりげなくマツダの『領域』が多ジャンルに広がっていることが再認識できます。一般雑誌なのでとりあえ..
  『HCCIエンジン』が来年に予定されるアクセラのFMCとともに導入されると言われています。世間では従来のプラグを使うエンジンよりも熱効率が良くなって、そのまま燃費が圧倒的に良くなるエンジンなんでし..
  CX3の2Lガソリンモデルの追加に続いて、アクセラセダンにも新たに『1.5Lディーゼル』(ATのみ)が登場しました。今更ながら『無かったんだっけー』って感じですけど、いざ追加されてみると、これがジ..
  マツダの最大の誤算・・・と言ってしまうと語弊があるかもしれないけど、気合入っていた割にはイマイチだったのが、従来の基幹3車種アテンザ、アクセラ、デミオでした。そしてそれを修正すべく次世代の..
アクセラは、マツダの中心車種であったファミリアの後継車として開発された、 Cセグメントの世界戦略車で、マツダアクセラはおすすめのグレードです。 2003年に初代が出され、スポーティなスタイリン..
  『SUV比率45%』これは戦略なのでしょうか!?それとも追い詰められた結果の数字なのでしょうか!? なんだかマツダというメーカーの『輪郭』がややボンヤリしてきました。このままいくと5年後のラインナ..
  また『ナカニシ』さんがテキトーなことを言ってますねー。「マツダのロータリーは現実的に、EVの補助エンジンか、水素ロータリーくらいしか実用化は難しい」。その技術はもう何年前の東京MSに出てきたもので..
  またまたオートックワンというネタ系ウェブカーメディアが、「シビックはオデッセイの二の舞!?」なんて煽りをしていますよー。オデッセイも価格の割には十分に売れていると思うのですけどねー。300万円も出..
  アウディRS3セダン(784万円)の日本発売。2.5L直5ツインターボで400ps。0-100km/hの加速も4.1秒。今月の始めに日本発売が発表されたばかりですけども、報道をみてすぐに「マツダ」..
  北米市場で最大手のGMグループがシボレーブランドから発売している「マリブ」。ボデーサイズは4922×1854×1465mmで車重は1586kg。フロントマスク以外はどことなくGJアテンザセダンに似..
前のページ    1  2  3  4  5  6    次のページ