クリア
マツダアテンザ」 の検索結果 104 記事
  3代目アテンザに託された「MAZDAの野望」  2012年に華々しく登場し一躍脚光を浴びた3代目GJアテンザ。デビュー当初から日本車らしからぬ存在感を発揮し、Eセグの代用が務まるくらい..
マツダが目指す険しい市場 ターボになったアテンザ。さらなるアメリカンスタイルを貫くつもりなんでしょうけども、その先に見据えているモデルはどこのブランドのクルマなんでしょうか!?まさか日系大手3社..
まずは北米から発売 年明けにもサプライズのフルモデルチェンジがあるのか!?と思ってましたが、ちょっと様子が変わってきました。なんの前触れもなかったですが、GJアテンザの北米モデルにビッグマイナー..
  2012年の発売当初から、現行のGJアテンザについては辛口の評価をしてきましたが、それはマツダの実力を世界に示したGG/GHアテンザの後継モデルとしてやや「期待はずれ」だったからなんですけども、G..
  『HCCIエンジン』が来年に予定されるアクセラのFMCとともに導入されると言われています。世間では従来のプラグを使うエンジンよりも熱効率が良くなって、そのまま燃費が圧倒的に良くなるエンジンなんでし..
  『SUV比率45%』これは戦略なのでしょうか!?それとも追い詰められた結果の数字なのでしょうか!? なんだかマツダというメーカーの『輪郭』がややボンヤリしてきました。このままいくと5年後のラインナ..
2代目GH系アテンザのセダン20S(パールホワイト)に乗ってます。このクルマは価格の割にそのプロポーションが雄大で、彼女を乗せて横浜などへ繰り出すのに十分なデザインの良さが魅力。以前はトヨタのコンパク..
  初代のGGアテンザはE46と初代アウディA4(B5系)を意識しつつも、日本車的(カペラ的)なデザインを志向。そのクロスオーバーな感覚が、今も新鮮でまだまだ多く見かけます。リアのコンビランプ周りはか..
  また『ナカニシ』さんがテキトーなことを言ってますねー。「マツダのロータリーは現実的に、EVの補助エンジンか、水素ロータリーくらいしか実用化は難しい」。その技術はもう何年前の東京MSに出てきたもので..
  アクセラにとってあまりにも危険すぎるシビック日本仕様がいよいよ公開されたようです。さて緊急事態です。マツダはどうすればいいのか!?(素人が生意気ですけど)かの地でホンダに対抗して発売している北米仕..
  シビックがいい感じの大きさになって(立派になって)再上陸を果たし、迎え撃つカムリもイメージ完全刷新のFMCを断行。他にも昨年マイナーチェンジで地味にエンジンをチューンするなどなかなか意欲的で、販売..
  北米市場の3月統計によると、マツダの販売台数は前年同月比5%増で順調です。10000台以上の販売を記録している14グループの中ではジャガーランドローバーの18%増、スバルの11%増についで3番目の..
前のページ    1  2  3  4  5  6  7  8  9    次のページ