クリア
ヤマメ」 の検索結果 574 記事
ヤマメを放流する組合員=金沢市山川町の内川  来年3月1日の渓流釣り解禁へ向け、金沢市の犀川や浅野川など10カ所で2日、ヤマメとイワナの稚魚計約3万3千匹の放流が行われた。  金沢漁協が..
釣行日 :2017年9月23日~9月26日(釣行2日+移動2日) 時 間 :1日目8:00~16:00、2日目8:00~13:00 釣り物 :イワナなど 釣 宿 :- 釣り場 :赤川支流(山..
今回の宿営地での目覚めは、雨音と風の音で・・・前日の天気予報通りに雨は止んでいない。それでも、午後から雨が上がるとの予報もあり、渓を目指す。 『秋寒』入渓準備を済ませて、雨の中渓を目指すと、冷たい雨..
釣行前に天気予報を確認するのは何時ものことで…今回も1泊2日の渓流ルアー釣行に出発する。 『予報』とりあえず、雨が降り出すのはお昼過ぎと言うことなので、早めに入渓する。今回は雨が降り出す前の流れを一..
宿営地での目覚め、天気も良くて最高の釣り日和と思われる。今回も早めに宿営地を後にして、目的の渓に向けてジムニーを走らせ準備を済ませ山を登って入渓する。 『秋色』山を登るとまだまだ汗ばむ陽気ですが、流..
秋分の日から連泊で、渓流ルアー釣行に向かう。今回の釣行の目的は、釣り以外にも大切な任務があって... 『秋分』秋分の日の流には、秋の兆しがしっかりと確認できて今回は、深まる秋の流れを遡行します!
 滑川市の園児たちがヤマメの放流を体験しました。  いきのいい稚魚に触れて、園児たちも興奮した様子でした。  放流されたのは、体長およそ8センチのヤマメの稚魚2000匹です。  この..
台風18号の影響を受け、各河川の水位が下がらない。渓流釣行の最終が近づく中、厳しい状況が続く… 『遡行』入渓準備を済ませて、山道を遡行して目的の流れを目指す天気は曇りで陽射は少なく 1人で登るには少..
ヤマメが放された水路で釣り糸を垂れる太公望たち  第38回インディアン水車まつり(同実行委主催)が17日、千歳市花園の道の駅サーモンパーク千歳の広場で開かれ、大勢の市民や観光客が訪れた。名物「サケ鍋..
2日前の纏った雨の影響をどう見るか? ポイント選びが難しい… 『選択』悩んだ結果、出した答えは支流に入ること。今回は支流を1人で遡行します!
 住田町の世田米小(佐々木英雄校長、児童128人)4年生21人は23日、学校近くの気仙川で水生生物・水質調査を行った。  きれいな川にすむ生物が多数見つかり、児童は古里の美しい川を守っていく決意..
ヤマメ放流で川に入っていくクサック村の中学生たち=佐賀市三瀬村三瀬付近の嘉瀬川  佐賀市三瀬村の嘉瀬川で2日、ヤマメの放流があった。三瀬中生徒のほか、三瀬村と姉妹村の交流を続けるフランス・クサック村..
前のページ    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11    次のページ