クリア
ヨーガ」 の検索結果 706 記事
鄭建訳 緑書房(H03/12/20)ISBN4-89531-728-5※と・ぶんき。道家龍門派第十九代伝人。「五行気運行功」●【序文(伊藤壮)】 この基本段階の気功は、まず目をつむり、軽く膝を曲げて突..
 本当の悟りとは、生きる智慧や気づきの様なレベルの感覚ではありません。宇宙の意識と人が一体になった時、自己の意識が宇宙意識と同化した時にのみ感じることのできる境地です。自己の意識が宇宙意識そのもの..
 ●【死について】 人間は皆、幾たびも生まれ変わって、それぞれのペースに従い、「自己の神性の実現」を目指して進んでいる。死は、この進化の旅を中断するものではなく、旅の汚れを洗い落として、幽界というより..
 ●【西洋と東洋について】 西洋にSRFの組織をつくり上げることは、私がスリ・ユクテスワとババジから課せられた任務だ。この聖なる責任を果たすことは、生易しい仕事ではなかった。私は答えた。「主の試練を受..
●「サティヤグラハ」はガンジーによって指導された有名な非暴力運動で、そのサンスクリットの語義は「真理を遵奉する」。●マハトマ・ガンジーの信奉者たち(サティヤグラヒス)が立てた「サティヤグラハの誓いの条..
 ●「観念体をまとった魂は、たいてい数千年間観念界にとどまっている。そうして、さらに深い至福を経験することによって完全に解脱すると、ついに一個の観念体から抜け出して、広大無辺な観念宇宙を自分の体とする..
 ●「主は、その愛する信仰者を喜ばせるために、彼が望むどんな姿でもおとりになる。幼子のように主を慕って礼拝する者は、主を聖なる母として見るだろう」●「幽界の住人は、どんなに上層の世界に住んでいる者でも..
●偉大な立法者マヌによって制定された「カースト制度」は、その起源においては真に賞賛すべきものだった。マヌは、人間がその進化程度によって、①肉体労働によって社会に奉仕できる人(シュードラ)、②知力・技能..
●私はババジが、人を批判することなく、どんな愚かな人の中にも等しく宿りたもう神を見よ、と暗に教えているのだと悟った。「私は等しく奉仕することによって、神に最も喜ばれる最高の徳、謙譲の徳を学んでいるのだ..
●ラヒリ・マサヤは、スワミ・トライランガと親交があった。彼は既に300歳を超えていたが、2人はよく並んで一緒に瞑想していた。トライランガの名は広く知れ渡り、彼の奇跡を信じないインド人は殆んどいなかった..
●生徒たちには、瞑想法の他に、私が1916年に原理を発見した「ヨゴダ」と称する独特の体操を教えた。人間の体は蓄電池のようなものであり、意志の力によって直接これにエネルギーを補充することができる。どんな..
 ●マーヤと呼ばれる自然法則の下で生活している人間にあっては、人体の生命エネルギーは「外部世界」に向かって流れ、もっぱら「感覚器官」を働かせるために消費されている。しかし、クリヤを行なうと、この流れが..
前のページ    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11    次のページ