クリア
ヨーガ」 の検索結果 727 記事
調和道協会(2014/11/01)ISBN978-4-88008-451-0※「上虚下実(じょうきょかじつ)」「臍下瓠然(せいかこぜん)」「呼主吸従(こしゅきゅうじゅ)の息法」●「努責(どせき)」は悪..
●ヨーガはたちどころにあなたを刀で2つに切り裂く。正と誤。正しいものが間違ったものに勝利しなくてはいけない。どうしたらいい、怒りはここにあるのに? ヨーガは慈悲の「癖をつけろ」と言う。「反対を作り出せ..
大瀧啓裕訳 青土社(1998/01/20)ISBN4-7917-5600-2●夢見の状態がきざしたなら、死体の如く漫然と横たわるなかれ。細心の注意を要する自然の領域に入るべし。夢を見定め、幻影を光明に..
【岡田虎二郎-岡田式静坐法】●虚弱児で、14歳になったある日、農作業を終えて夕日を眺めていたとき、禅で言うところの見性体験を得た。「それから変わった」と自ら言うように、以後彼は活動的な求道者に変貌し、..
 ●明治の末期にほぼ期を一にして丹田の練磨を説いた「3つの田」、藤田霊斎、岡田虎二郎、肥田春充の功績は計り知れない。 藤田霊斎岡田虎二郎肥田春充生年明治元年明治5年明治16年活動開始明治39..
BABジャパン(1998/04/01)ISBN4-89422-276-0●根を養うとは、丹田を鍛錬することだ。丹田が人間の根っ子なのだ。●江戸末期の剣豪、天真伝一刀流の(鳩州翁こと)白井亨。白隠の内観..
 ●サーンキヤ哲学は、精神的なものと物質的なものとを、次元の違ったものとしてしか考えていない「物心一元論」で、むしろ「物心同源論」である。しかしそれは唯心論でも唯物論でもない。●自性とは反対に、いかな..
 ●ヨーガ修行の主たる部分は「心理的作業」にある。その作業の根本的狙いは、心の働きを浄化することだ。「心の浄化」というのは、心の激しく複雑な動きを次第に平静にし、より「不動」にすることである。心の動き..
 ●この綜制の3段階に関するスートラを読む時、その解説の仕方がきわめて科学的・合理的・技術的であり、およそ神秘的・宗教的などと呼ばれる気分とはかけ離れているのに驚かされる。人間心理がいかにしてヨーガの..
 ●「自在神への祈念」をバクティ、即ち絶対神への信仰であると解釈するのは正しくない。バガヴァッド・ギーターに説かれているバクティのような信仰態度と、ヨーガ・スートラを貫く無神論的態度とは相容れないもの..
 ●サーンキャ(Samkya数論哲学)の二元論では、究極の原理・実在として「自性(プラクリティprakrti)」と「真我(プルシャpurusa)」の二元を立てる。●自性は客観世界、万物の根源となる唯一..
大林正博訳 春秋社(2005/04/20)ISBN4-393-36119-9●ヨーガ行者やその他の「内的状態」の専門家たちはしばしば、夢のない睡眠中も含めて夜間ずっと意識を保つことが可能だと主張してい..
前のページ    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11    次のページ