クリア
万葉集」 の検索結果 1412 記事
 今回は882番歌を訓む。「敢布私懐歌三首」の三首目。左注に「天平二年十二月六日筑前國守山上憶良謹上」とある。「謹上」は、「謹(つつし)みて上(たてまつ)る」と訓み、「謹んで申し上げます」の意。  ..
 今回は881番歌を訓む。「敢布私懐歌三首」の二首目で、作者は山上憶良。  写本の異同は、1句四字目<未>にあり、これを『西本願寺本』は「米(ミ)」と書いているが、ミと訓んでいることから..
 今回は880番歌を訓む。題詞に「敢布私懐歌三首〔敢(あ)へて私の懐(おもひ)を布(の)ぶる歌三首〕」とあって、本歌〜882番歌の三首は、「思い切って個人的な思いを述べた歌三首」ということであるが、8..
 今回は879番歌を訓む。「書殿餞酒日倭歌四首」の四首目である。  写本の異同としては、古写本のいずれにも「度」とある5句三字目の<度>が、『西本願寺本』では脱落していることが挙げられる..
 今回は878番歌を訓む。「書殿餞酒日倭歌四首」の三首目である。  写本に異同はなく、原文は次の通り。   伊比都々母 能知許曽斯良米   等乃斯久母 佐夫志計米夜母   吉美伊麻佐受斯弖..
 今回は877番歌を訓む。「書殿餞酒日倭歌四首」の二首目である。  写本に異同はなく、原文は次の通り。   比等母祢能 宇良夫禮遠留尓   多都多夜麻 美麻知可豆加婆   和周良志奈牟迦 ..
 今回は876番歌を訓む。題詞に「書殿餞酒日<倭>歌四首[書殿(ふみどの)にして餞酒(うまのはなむけ)する日の倭歌(やまとうた)四首]」とあって、本歌〜879番歌の四首は、旅人の上京にあた..
 前回まで「松浦佐用姫の歌」五首(871〜875番歌)を訓んできたが、今回は閑話休題として、この「佐用姫歌群」の作者について考えてみることとしたい。阿蘇『萬葉集全歌講義』は、この歌群の【歌意】に、作者..
 今回は875番歌を訓む。「松浦佐用姫の歌」五首のうちの五首目である。前歌(874番歌)の題詞に「最々後人追和二首」とあって、前歌と本歌の二首は、871番歌に「更に更に後の人が追和した」歌である。 ..
                    山うなじ 垂れて藤花 簪に 山藤(ふじ)の花・万葉紀行/入間市桜山の幻影 昨日 源氏物語をまた現代語で読んでいるが 光氏も 好きものやね いろん..
今日は百人一首の日。 0527.mp3 百人一首。なつかしい。 昔よく兄弟で坊主めくりやりまくったな~と思っていたのに 収録中坊主めくりのルールが思い出せなくて焦りました^^;..
 今回は874番歌を訓む。「松浦佐用姫の歌」五首のうちの四首目である。題詞に「最々後人追和二首」とあって、本歌と次歌(875番歌)の二首は、前々々歌(871番歌)に「更に更に後の人が追和した」歌である..
前のページ    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11    次のページ