クリア
佐藤一斎」 の検索結果 25 記事
佐藤一斎『重職心得箇条』を読む安岡 正篤 致知出版社 1995-04by G-Tools  さて今回紹介するのは、江戸後期の儒学者である佐藤一斎が書いた教え、『重職心得箇条』である。前回、中国明時..
少にして学べば、すなわち壮にしてなすあり。壮にして学べば、すなわち老いて衰えず。老いて学べば、すなわち死してなお朽ちず。  (佐藤一斎) 常に学んでいく努力が大切です。インプットがなければ、アウ..
「春風をもって人に接し、秋霜をもって自らを粛む」 佐藤一斎 江戸時代、幕府の昌平黌(昌平坂学問所)の教授であった、佐藤一斎が「言志四録」で書いた言葉である。人と応対するときは、春風のように暖かい..
神渡良平さんの最新作を読みました。 副題は「言志四録の人間学」です。佐藤一斎の言志四録の言葉を多数引用し、多くの人の生き様に光を当てる作品となっています。 神渡さんの作品の多くは、..
神渡良平さんが書かれた言志四録(げんししろく)に関する本を読みました。 言志四録とは、江戸時代の儒学者で徳川幕府唯一の大学である昌平坂学問所(昌平黌(しょうへいこう))を統括した佐藤一斎..
神渡良平さんの本を紹介しましょう。 この本は、神渡さんが師父とあおぐ安岡正篤氏の言葉が、その人の人生にどういう影響を与えているかを、10人の方の生き様を通じて示しているものです。 ..
名言格言ことわざそして感動 春風を以て人に接し、秋霜を以て自ら慎む意味 人には春風のように接し、自分には秋霜のように厳しくしなければならない。 <コメント> そろそろ霜が降りる季節と..
西郷隆盛の座右の書「言志四録」著者:佐藤一斎 現代日本を作る礎となった人々をたどっていくと、この人にたどり着きます。 佐藤一斎・・・江戸時代の儒学者、門下生には多くの偉人が名を連ねる。..
昔の人は、本当に良いことを言いますね。 「人の口に戸は立てられぬ」 口をふさいで黙らせることはできないということを、こんなしゃれた表現で言うなんて、見事だと思います。 「人の噂も..
最近ちょっと前に読んだ本とか読み返しています。 まぁよくあることですがね、いかんせん以前ブログとかに 書いていたものだったりすると 改めて書くのもなんですからちょっと躊躇っていたり。..
なんだかんだでもう大晦日。 29・30・31と有明のコミックマーケットに出かけていました。 カタログ購入してたくさん回るところをチェックして・・・はいたものの、 年末に中古の家電品を購入したので..
佐藤一斎 「磯田道史の この人、その言葉」 朝日新聞 be on Saturday 2009年10月3日 磯田道史さん、佐藤一斎さんの言葉より、印象に残ったものを記しておきます。 ..
前のページ    1  2  3    次のページ