クリア
関連するラベル 季語 プレバト!! 読書感想文
俳句」 の検索結果 2843 記事
ニュースでオリンピックの話題が事欠かないが、時に思うのだが、小さい時からそれだけを集中して練習していれば それなりの普通以上にはなるだろうが、体にとって危険な領域というか、そこまでして タイムの短さや..
2018.02.14. 土佐文旦で皮の砂糖煮を作りました。 「朱欒」の俳句。 趣味の会の帰りに、 友人が立派な土佐文旦をくれました。 わたくしの住む地方は美味しい..
 今月の 『 ランドマーク ・ プラザ 』 俳句教室、第一回目をさらっておきます。  第二週 2月13日 《 型 ・ その 4 》 応用編 「 上五 ( 季語 ・ 体言 ) 」 ..
02:21 02/18 L. B. Y. C. Annex by 美緒ママ http://lbyc.seesaa.net/
2018.02.09. 胆石の手術で生死の境を彷徨った友人が生還しました。 馬場移公子の俳句。 先日はさと子さんから電話がかかってきて、 また長話をしてしまいました。 ..
弘前公園の雪灯籠祭りに 女房と足を運んでみた。 運動不足もあってのことである。子供が喜びそうなキャラクターのものが結構あり、楽しめるものであった。岩木さんは残念ながら見えはしなかったが 雨が降っていな..
2018.02.07. 趣味の会で、 退院した松子さんの顔が見られました。 「相生垣瓜人」の俳句。 とても寒かったけれど、趣味の会に行ってきました。 このところの..
 日中存外暖かかったのに、夕方ナンと雪しぐれ !? それでも 『 藤田湘子記念 小田原俳句大会 』 への句稿を投函して戻って来た時には、また 青空が覗いていました。 気まぐれな空模様よねぇ …..
01:15 02/09 L. B. Y. C. Annex by 美緒ママ http://lbyc.seesaa.net/
産経新聞・俳壇。2018年2月7日。 宮坂静生選 荒星や死者は生者のなかに生き 寂として咳ひとつなし石の音 地表浮くごとくまつすぐ雪の道 星の夜の一樹その..
2018.02.04. 今日から春です。 「立春」の俳句。 春立ちぬ。 今日から、暦の上では「春」です。 今日から俳句も春の季語です。 ..
厳冬の津軽である。膝掛も小屋にしまっておいた 電気毛布をかけてブログ更新の日々である。 朝起きて 玄関のブルのおいて行った雪岩盤がないかどうかを確認して あれば覚悟というあきらめの意気込みを準備..
2018.02.01. 現代俳句協会主催・インターネット俳句会の 結果が出ました。 「二月」の俳句。 今日から二月です。 一日はちょっとドキドキの、インターネット..
月灯り 雪の舞台を あつくして 冬の月の出」 弘前の公園の桜も 今年は綺麗だろう。昔の職場の先輩先生が いまは老人ホームに入居している。車椅子で暮らしらしいが、介護のタクシー依頼して 公園までの..
前のページ    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11    次のページ