クリア
俳句の定型」 の検索結果 3 記事
 「字余りの俳句」のページにも書きましたが、俳句は五・七・五音で作るのが原則です。  それは、和歌などで古くから用いられてきた五七五音は、口に出してみると実に心地よいリズムを持っているからです。 ..
 俳句は五・七・五音で作るのが原則です。  この五・七・五音より、一句に含まれる音の数が多くなることを「字余り」と言います。  次の俳句は私の自信作です。   杖置いて朝凪の海拝みけり ..
 俳句とは何か?のページで述べたとおり、俳句は五・七・五音で作ります。  まず、次の私の句を見てください。   朝凪の海を拝みて杖拾ふ (凡茶)      あさなぎの(五)/うみをおがみて..
前のページ    1    次のページ