クリア
免疫」 の検索結果 1171 記事
虚弱体質気味の私が、高齢で出産&育児するのは、けっこう大変です。 産後は、何度も風邪をひいたし、インフルにもなりましたが、なんとか乗り切ってます。 そして、育児が楽しいと思えるようになってきた..
アロマの効果はいろいろとあります。 代表的なのがリラックス効果。 アロマの香りに癒されて、心が落ち着きます。 実は花粉症対策にも効果があると言われています。 免疫系が機能しやすいように..
リンパ節転移という事態を迎え、「死」についてじっくりと向き合うにあたり、はじめてがんになったときに考えたことも改めて思い出された。 はじめてがんになったのが、このときから約7年前の30代前半。 ..
私は前回、入院中のベッドの上で「死」について考え、死に至る苦痛は別として、自身の「死」そのものは、死後何も感じないのだとすればそれほど恐怖するようなものではなく、幸せな人生であるか不幸な人生であるかは..
余命宣告はなぜ辛いのか? 私は入院中のベッドで考えはじめた。 人は自分の命が永遠ではないことを知っているはずだ。
私は、他の臓器への転移を覚悟すること、すなわち死を覚悟することと悲観して生きることや諦めることは違うと思った。 覚悟とは、困難に対して自分がどう考え、どう行動するかを決めることであり、死の覚悟と..
術後、左顔面は麻痺していて動かないのと、口の開閉で痛みがあるので食事がとりづらく、病院食の食事に1時間以上かかる日々が続いた。 また、左目は瞬きもできないので、目の病気にならないよう、1日5回目..
手術は、耳下腺全摘出術、リンパ節郭清術(リンパ節切除手術)、顔面神経再建術を行った。 耳下腺全摘出術では、以前の手術によって耳のあたりの骨と癒着していた耳下腺組織を、更に奥から切除するために耳の..
再発が確認された。 細胞診を私から依頼せず、定期的な画像診断を主治医に言われるままに受けていただけならいつ発覚していたんだろう? そして手術は日帰りの局所麻酔で行われた。
手術が終わり無事退院。 手術の際に顔面神経に触れたため左の顔面神経麻痺が発生したが、3ヶ月程で完全に回復した。 異変が起きたのは手術から3年と9ヶ月後。
地元の県内トップの病院で手術することにした旨を友人に伝えた際、友人にこう言われた。 『ほんとにそこでいいの?』 『どうせなら日本一の病院で手術したほうがいいんじゃないの?』
想定していた通り耳下腺がんとの診断を得て、予定通り治療を希望している病院への紹介状ももらった。 行き先は私の住んでいる県ではトップの実績がある病院である。 そこではまずは検査を実施した。
前のページ    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11    次のページ