クリア
内臓脂肪症候群」 の検索結果 101 記事
メタボリックシンドロームって、なあに? メタボリックシンドロームは、内臓に脂肪がたまり(腹部の肥満)、高血圧や高血糖、脂質異常症(高脂血症)などの症状が一度に複数出ることを指す..
メタボリックシンドローム BMI+血圧などの検査値でも指導対象 厚生労働省 メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の予防に 着目した特定健診・保健指導について、厚生..
メタボリックシンドローム BMI+血圧などの検査値でも指導対象 厚生労働省 メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の予防に 着目した特定健診・保健指導について、厚生..
沖縄県の長寿と伝統食である玄米の因果関係を調べる同県発の研究が大きく前進した。マウスに玄米の主成分であるγ(ガンマ)-オリザノールを投与したところ、糖尿病に関係する膵臓(すいぞう)機能が回復することが..
「1」で、心臓病の合併などで、メタボリックシンドローム改善 できない人は、この薬が5年以内に臨床実験を始めたいとか・・・ クスリの認可がおりるまでは、だいぶ先延ばしになるとは思うが。 -..
肥満が原因で発症する糖尿病や メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)を治療する 薬の候補物質を東大の研究チームが発表し、 新聞の一面のど真ん中に掲載された。 心臓病の合併症などさま..
内臓の周りにつく脂肪で、たまりやすく落ちやすいのが特徴。男性や閉経後の女性につきやすいです。 加齢と共にさらに蓄積しやすくなるという特徴があります。 内臓脂肪型の肥満は、糖尿病、高血圧症、高脂..
皮下脂肪は皮膚の下にある皮下組織という部分につく脂肪です。 男性よりも女性につきやすいです。 体を外界との温度差から守る、ぶつかったときなどの衝撃を吸収する、生命維持に必要なエネルギー源と..
脂肪分解の過程 身体のエネルギー源として、始めに筋肉に蓄えられたグリコーゲンが使われ、その後血液中のグルコースが利用されます。 必要に応じて体内に蓄積された中性脂肪が脂肪酸に分解され、エ..
脂肪燃焼率とは 運動などで脂肪が燃焼される割合。例えば、運動で100kcal分、動いたとして、脂肪が50kcal分消費したとすれば、脂肪燃焼率は50%となります。 脂肪燃焼率は激しい運動を..
メタボ注意「ときどき朝食」毎日食べるより危険大 【森本未紀】朝食を食べたり食べなかったりする人は、 毎日食べる人よりメタボリックシンドローム (内臓脂肪症候群)になるリスクが女性で4倍以上、 ..
食物繊維は、脂肪を取り込ませない作用と脂肪を排泄させる作用が非常に強く、内臓脂肪ダイエットの強い味方といえます。 食物繊維は大きく分類すると2種類に分けられます。 食物繊維は「水溶性食物繊..
前のページ    1  2  3  4  5  6  7  8  9    次のページ