クリア
初等幾何」 の検索結果 7 記事
前回までの円錐台の側面積の計算を応用して、五円玉のようなリング型の立体の体積を求めることができます。
それでは前回の円錐台を用いて、球の表面積を計算してみましょう。
前回の円錐の側面積の公式を使って、円錐台の側面積を計算し、その性質をいろいろと調べることができます。
この後、次の大項目に積分を取り上げる予定ですが、そのための準備作業として、初等幾何の節に立体に関するいくつか内容を追加しておきます。念頭にあるのは、球の性質を研究することです。球はきわめつきにシンプル..
「三平方の定理」(Pythagorean Theorem)は、直角三角形の辺の比率について述べた定理ですが、証明法は山のように考えられていて、ネット上にも資料がたくさんあります。個人的には、以下の方法..
幾何の基本について取り上げた記事の一覧です
高校受験における数学攻略法ですが、二つあります。 とはいえ、ほとんどの人は片方の勉強法を取るのが いいでしょう。 一つ目は、数による凌駕です。 二つ目は、質による凌駕です。 そして圧..
前のページ    1    次のページ