クリア
南相馬市」 の検索結果 165 記事
政府の原子力災害現地対策本部が13日、東京電力福島第一原発事故に伴う南相馬市の避難指示解除準備、居住制限両区域を早ければ7月1日に解除する方針を明らかにしたことを受け、住民からは容認する声と「時期尚早..
<script language="javascript" src="http://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/jsbanner?sid=2600852..
<script language="javascript" src="http://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/jsbanner?sid=2600852..
東京電力福島第一原発事故で避難した後、病状や体調が悪化して死亡した人を、本紙が独自に「原発関連死」として福島県内の市町村に取材したところ、二〇一一年三月十一日の発生後から、総数は少なくとも千三百六十八..
「医師が余命いくばくもないと言っている。亡くなったらどうすればいいのか」。2014(平成26)年5月、南相馬市にある病院の職員が市役所の社会福祉課を訪れ、入院患者について相談した。患者は60代の男性で..
英国インペリアル・カレッジ・ロンドン公衆衛生大学院の野村周平氏らの研究チームは、南相馬市の児童生徒を対象に、外部被ばく量を測定する個人線量計(ガラスバッジ)を自宅に置きっ放しにするなどして身に着けなか..
東京電力福島第一原発事故に伴う南相馬市の特定避難勧奨地点の指定が解除され、28日で1年を迎える。放射線への不安などから、いまだ帰還しない住民は多いとみられる。住民からは追加除染などを求める声が上がる。..
東京電力福島第1原発事故に伴う除染作業に使用されたとみられる長靴やヘルメットなどが福島市本内の住宅街のごみ収集場に投棄されていたことが10日、住民や同市への取材で分かった。地域住民からは不安の声が上が..
県が整備する県環境創造センターのうち、東京電力福島第1原発周辺や浜通りの放射線量を測定し、住民の安全を監視する拠点となる「環境放射線センター」の開所式は16日、南相馬市原町区萱浜の同センターで行われた..
東京電力福島第1原発事故に伴う国の除染作業で使用されたマスクや手袋が、福島県内の複数の地域でコンビニなどのごみ箱に捨てられるケースが常態化していることが25日、関係者への取材で分かった。厚生労働省福島..
現職、元職の首長らでつくる「脱原発をめざす首長会議」は18日、福島県南相馬市で記者会見を開き、四国電力伊方原発3号機をめぐり「避難計画に全く現実性がない」と厳しく批判し、再稼働に反対した。 会議..
東京電力福島第1原発事故後、福島県内の除染で出た汚染土などの廃棄物を一時的に保管する「仮置き場」が、続々と返却期限を迎えている。国は当初、期限を「おおむね3年」とし地権者と契約を結んでいたが、廃棄物を..
前のページ    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11    次のページ