クリア
関連するラベル 日本原子力研究開発機構
原子力規制委員会」 の検索結果 262 記事
中部電力とっての今後4年間は、再び憂鬱なものとなりそうだ。 6月25日に投開票が行われた静岡県知事選挙で、無所属で現職の川勝平太氏が当選した。川勝氏は今回の選挙戦を通して、一貫して中部電の浜岡原..
茨城県大洗町の日本原子力研究開発機構大洗研究開発センターで、ウランとプルトニウムが入った保管容器から放射性物質が漏れて作業員5人が被曝(ひばく)した事故で、原子力機構は7日、このうちの1人で50代の男..
反日ハンター・神功正毅です。大阪高裁が高浜原発3、4号機の運転を差し止める大津地裁の仮処分を取り消しました。産経ニュース/高浜原発再稼働へ、関電の抗告認める 大阪高裁、運転差し止め取り消しhttp:/..
九州電力玄海原発3、4号機(佐賀県玄海町)について、同町の岸本英雄町長は7日、九電の瓜生道明社長と電話で会談し、再稼働に同意する意向を伝えた。 原子力規制委員会は1月、玄海3、4号機が新規制基準..
九州電力玄海原発3、4号機(東松浦郡玄海町)が再稼働の前提となる新規制基準に適合していると認めた原子力規制委員会。県民向け説明会が始まるのを前に、田中俊一委員長が佐賀新聞のインタビューに応じた。安全審..
運転中や運転可能な全国の商用原発42基のうち40基で、重要設備である中央制御室の空調換気配管の詳細な点検が行われていなかったことが14日、原発を保有する電力9社と日本原子力発電への取材で分かった。 ..
廃炉作業中の日本原子力研究開発機構の新型転換炉ふげん(福井県敦賀市)で、機器の検査記録を内規で定めた手順を経ずに修正していたことが分かり、原子力規制委員会は21日、機構に原因を調査し、再発防止策を取る..
九州電力玄海原発(佐賀県玄海町)で事故が起きた際、三十キロ圏の住民が一時避難する放射能シェルター整備で、九電の関係会社六社が全体の約三割に当たる計約十四億円の業務を受注していたことが本紙の調査で分かっ..
原子力規制委員会は16日、今月末で運転開始から40年となる関西電力美浜原発3号機(福井県美浜町)の運転延長を認めた。老朽原発の運転延長は関電高浜1、2号機(同県高浜町)に続いて3基目で、40年で廃炉に..
原子力規制委員会は五日午後、十一月末に運転開始から四十年となる関西電力美浜原発3号機(福井県)について議論し、耐震工事やケーブルの難燃化工事などを進めれば新規制基準を満たすとの審査書を正式決定した。適..
東京電力福島第1原発事故は発生から5年半を経過したものの、汚染水対策が袋小路に入り込んでいる。切り札として期待された凍土遮水壁(全長約1・5キロ)は半年近くたっても効果が発揮できず、「破綻」とまで酷評..
日本原子力研究開発機構は8日、原子力規制委員会の会合で、東海再処理施設(茨城県東海村)を廃止するまでに約70年かかるとの見通しを明らかにした。規制委は「老朽化する施設の補強も必要になる」などと指摘。廃..
前のページ    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11    次のページ