クリア
古道」 の検索結果 103 記事
【写真説明】南寮の残りの宿舎群、即ち、四、八、十八号は所謂長屋であり、磺夫専用である。今回写真を掲載したのはその中で保存状態が最も良い第八号宿舎(左、中央写真)で、現在は一般の方の作業小屋、倉..
【写真説明】前回記事で紹介した「北寮旧弁公室」の北寮とはつまり旧日本石油苗栗製油所敷地内の北側と謂う意味であろう。これに対し、「日式宿舎」が集中しているのは、同敷地南側(南寮)で、そこに四、六..
【写真説明】左写真は、中油探採事業部採油工程処内のシンボル的な採油工員の塑像と「地軌式纜車道」、後者は総軌道長500メートル、傾斜角60度の今は工業古蹟である。纜車とはケーブルカー、通常ケーブ..
【写真説明】左写真は、台湾油磺陳列館傍に立てられた敷地内の絵図、大分草臥れているが、左側下に赤字で「『出磺坑』油田は優に一世紀半の歴史を有し、台湾石油採掘発展の歴史の花形である。当地は、世界最..
【写真説明】国道1号線と3号線の連絡道である快速公路27号線の南側(左写真)に「出磺坑」(中央写真)と謂う地名があり、市販地図帳ではその地点に「台湾油磺陳列館」(右写真)の表記がある。博物館で..
一半議密談の芯である「奸策罠」アジェンダが抬頭する手続きとなった。 自党が市密談公庫グループ密談での予定を下略し、録密談議で審理するという強硬看板を改一粒選りんだ含み益だ。 大体の特品位を抱えるア..
13:17 06/27 自動社説子 by autoeditorial http://autoeditorial.seesaa.net/
【写真説明】花蓮県玉里鎮楽合里、アミ族の部落入口に立つアミ族のモニュメント。同写真後方に移る家並みがハロウワン部落。中央写真は同部落内南側に残る鳥居、そこを潜り緩やかな坂道を登ると右写真の碑が..
【写真説明】今回紹介するのも予期せずに出食わした日本時代の遺物である。アミ族文化発祥紀念碑の在処を探している際、富田市街地東側の車道兼観光道(下掲写真:花蓮県道193号、嘗ての磯崎越嶺古道の一..
【写真説明】左写真は花蓮県光復郷北富村富田にあり通称「富田納骨碑」と呼ばれる納骨碑入口。プレートのローマ字表記は花蓮県観光局の公式サイト内では「Kakita^an」とか「Kakita’an」と..
【写真説明】市販地図帳には富田付近に「アミ文化発祥紀念碑」の表記があったので、それを目指した。車道の先に大きな門が出て来たが、その最上部に掛かった「太巴塱引霊祭祖儀場」、つまり祖霊祭儀場の看板..
【写真説明】左写真は太巴塱(日本時代はタバロン、又はタパロン、以下タバロン)国民小学校の校門、省道11号甲線の北側、富田橋の袂に位置する。旧北富国民小学校で、台湾原住民族正名運動の結果、改称し..
【写真説明】前述したように、現地に磯崎越嶺古道を示す一切の表示無し。唯一の手掛かりが『台湾的古道』中に掲載された川と山の写る写真一葉(上掲右写真)。省道11号線から西側、海岸山脈に向かい入り込..
前のページ    1  2  3  4  5  6  7  8  9    次のページ