クリア
善導家」 の検索結果 726 記事
ものごとを常に善か悪か、正しいか否かに分類しなくなれば、意識はもっと穏かになっていきます。 「判断」という重荷を捨てた瞬間、心の中で交わされる対話は穏かになり、無心の境地に入っていけるようになり..
世間には、同じ物を食べることを嫌がったり、それがいけないように思ったりする向きがあります。 ことさらに同じ物ばかり食べる必要はありませんが、違うものが得られない時は、何日でも同じ物を食べて、少し..
これは千日回峰行を二度も成し遂げた比叡山飯室谷不動堂長寿院住職・酒井雄哉さんのモットーだそうです。 何事も精一杯やるのはいいことでしょうが、やりすぎてはよくありません。 無理してやりすぎる..
定年前と定年後で何が大きく変わったかといえば、現役時代は、仕事が進むことで場面が切り替わり、別の行為に移ることができ、次々とシーンが転換していきました。つまり、外からの力によって動かされていました。 ..
目の前の対象に、時に、所に、不自由を感じているのは、実は己のわがまま根性が写ってそうさせるのです。 いかなる環境にも事柄にも仕事にも、不自由は何一つありません。 時のせい、所のせい、人のせ..
感動は誰でもできます。感動しても行動しなかったら、ただ知っただけ。 感動を行動に変えましょう。 五十、六十になって「もう人生は決まってしまった。こんなものだ」と自分の人生に見切りをつけてい..
外で会っている時はわからなくても、家の中を見るとその人がわかります。 家はその人の生き方を表します。 部屋のゴミは心のゴミを表します。 年寄りだから、ひとり暮らしだから、汚いのではな..
「人生で理不尽な出来事が起るのは当たり前のこと」と現実を受け入れて、その状況に押し潰されることなく、逆に晴れやかに、にこにこ暮らしていく。 大切なのはそのことです。 私たちは問題にぶつかっ..
「浜までは海女も蓑(みの)着る時雨(しぐれ)かな」 これを詠んだのは江戸時代の俳人、滝瓢水です。 これから海に潜(もぐ)る海女が、雨を避けるために蓑を着て浜に向かう。 どうせ海に入れ..
真に道を求める人、一流の人達はいくつになっても変化し、成長しています。 四十、五十で人生がわかったように言う人は、すでに心がマンネリになっているのかもしれません。 自己自身を修め成長させる..
もしあなたが、毎日「こうなって欲しい」と思って過ごしているとしたら、あなたのエネルギーは、「期待」になってしまいます。 現実をつくるプロセスではあなたのエネルギーが投影されます。 ですから..
自分が今、いかに幸せかということに気づくことは大切です。 人生は、ムダなことをしなくても、十分幸せを感じながら生きていけます。 今生きて在ること。口や鼻から呼吸できること。ちゃんと肛門から..
前のページ    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11    次のページ