クリア
国富論」 の検索結果 28 記事
Amazon.co.jp ウィジェット本日ご紹介する名著は、知らない人はいない『国富論〈1〉 (中公クラシックス)』。多くの人は名前くらいは聞いたことがあるでしょう。実際に読んだことがある人..
市場は、主にmarket ですね、市場は経済的に発展する上でものすごく大事なものなのですが、今日はその市場と経済的なインフレとその拡大・抑制について、まとめていきたいと思います。基本的に経済というもの..
交易の諸原理、ということですがこちらは簡単な原理、になります。まず、前稿の追記で交易で儲かるとしたら相場の差だ、ということを書きましたが、もう少しそれを正確に表現するのなら、そもそも街により交易品の価..
産業は製造業がすべて、です。交易などでモノを動かしても基本的には物理空間を移動させただけで、むしろ製造業とは分けて考えるべき、です。それでも、交易・投資などは結局は前者は物理空間でモノを動かしているだ..
国力増強論、ということですがこれは決してタカ派のいうようなただひたすら戦争に突っ走るための国力論ではありません。むしろ、もっぱら戦争を止めるための論でもあるので是非最後までお付き合いください。 まず..
はい、というわけで今回は資本主義の終焉について、です。といっても、いきなり終焉が来るかどうかは普段の私たちには分からないわけですね。終焉といっても、極めて民主的に行われるべきであって決して破壊行為や取..
はい、というわけで今日は原材料と加工品貿易です。まぁ交易のやり方としては基本中の基本ですので、押さえておいて損はないと思います、ハイ。主旨を簡単に申しますと、加工品の材料になる原材料を小さい街から、生..
交易と経済論ということですが、今日は経済論について。経済論といっても、何のことだか分からない人のために軽く提起しておきます。経済論、特にここでいうそれは、経済学の論理のことを指します。まぁ、定義といっ..
交易・貿易(特に近世のもの)を理解するにはミクロ経済を理解してしまうのが一番手っ取り早いです。確かに、全体の交易・貿易の流れや経済学的観点の両面から近世貿易を理解するのが一番早いというか通常の筋なので..
◎1776年   アダム・スミスの『国富論』が刊行。 ◎1796年   ナポレオンがジョゼフィーヌと結婚。5年後オーストリア皇女との政略結婚の為に離婚。 ◎1842..
近世の貿易・交易、経済を理解したい人には アダム・スミスの「国富論」をおすすめします。 (特に英語がおすすめ)道徳感情論を併せて読むと、 より理解が深まります。副読本といってもいいほど。 (両..
なかなか分厚い本だけど、道徳感情論の新しい訳を頑張って読了した。 アダム・スミスの著書は、国富論と道徳感情論の2つだけしかないそうだ。 こんどは国富論に挑戦したいが、読みやすい新し..
前のページ    1  2  3    次のページ