クリア
夏目漱石」 の検索結果 1168 記事
【至極の名言と絶景】やる気と元気が湧いて来る名言集! ◆この世の最も純粋な喜びは、 他人の喜びを見ることだ。 三島由紀夫 ◆人間は、もっとも多くの人間を喜ばせた者が もっとも大き..
「七草集」と「木屑録」。互いの作品批評を通じて認め合った子規と漱石。この時期に2人の間で交わされた有名な論争があります。始終何かを書いている子規に対して漱石が苦言を呈したのがきっかけでした。 スポン..
今年生誕150年となる子規、漱石と同じ慶応三年生まれには、司馬遼太郎「坂の上の雲」でおなじみの秋山真之のほか幸田露伴や尾崎紅葉ら多士済々。実は子規没後100年の年に坪内祐三「慶応三年生まれ七人の旋毛曲..
高浜虚子(1874-1959)松山出身の俳人。本名清。河東碧梧桐とともに子規門下の双璧をなした人。柳原極堂が創刊した「ほとゝぎす(のち「ホトトギス)」を東京で引き継ぎました。子規の生前、「後継者に」と..
寄席通の二人ともに慶応3(1867)年生まれの子規と漱石。明治41年、「ホトトギス」の子規七回忌号に寄せた漱石の談話によると、二人が親しくなったのは寄席好き同士だったからでした。 「わすれてゐた..
僕ハモーダメニナツテシマツタ僕ハモーダメニナツテシマツタ、毎日訳モナク号泣シテ居ルヤウナ次第ダ 明治34(1901)年11月6日、正岡子規が英国留学中の夏目漱石に宛てた手紙はこのような告白から始まっ..
落したか落ちたか路の椿かな自選句集「寒山落木」巻一に収録。明治23(1890)年です。前回に続いてこれまた初期作品です。 椿が見ごろを迎えた春の道。歩いているとふと落花の気配が。あれ?俺が落とし..
子規・漱石・極堂生誕150年松山の子規記念博物館に行ってきました。現在、正岡子規、夏目漱石、柳原極堂の生誕150年を記念した特別展をやっています。 3人とも慶応3(1867)年生まれ。子規と漱石..
はじめましてみなさんは正岡子規をご存じですよね?明治時代を代表する文学者の一人。坊主頭の横顔写真のあの人です。「病床六尺、それが我が世界である」。子規は結核と脊椎カリエスを患い、晩年は寝たきり生活を送..
こころ。うわさでは、読んだ年齢によってそれぞれ違う感想を抱くなんだてってね。田中さんに教えてあげよう。
こころ。どうやら、読んだ年齢によってそれぞれ違う感想を抱くなんだって。千絵に教えてあげたいな。 こころ改版 (新潮文庫) [ 夏目漱石 ]
【至極の名言・絶景】良き友は人生の宝、宝を一瞬で手に入れられる! 人を褒めれば、その人と対等になれる。 ゲーテ 褒めるのは余裕があるから。 余裕があれば、自信を持って誰とでも対等に ..
前のページ    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11    次のページ