クリア
妖怪八百万夜行」 の検索結果 14 記事
平四郎虫(へいしろうむし) 山梨県西八代郡六郷町 ――現代の市川三郷町に伝わる怪虫。 平四郎が山遊びから村へ帰ってくると、 庄屋の蔵から宝物が盗まれたと騒ぎになっていた。 ..
金鬼(きんき) 『太平記』にある、 天智天皇の御宇 「藤原千方(ふじわらのちかた)」 が使役したという「金鬼」「風鬼」「水鬼」「隠形鬼」の四鬼の一つ。 四鬼のいづれかが「土鬼..
のたまく 森島中良著『画本纂怪興(えほんさんがいきょう)』にある妖怪。 国書刊行会刊『森島中良集』から解説を引用する。 「口より杜鵑(ほととぎす)を吐は、がんばり入道。  ..
ワタリサンモンメ 島根県美濃郡安田村 ――現在の益田市に伝わる伝説で、 『綜合日本民俗語彙』や 千葉幹夫著『全国妖怪辞典』に名を見ることが出来る。 矢富地蔵建立の由来譚。 ..
仲西ヘーイ(なかにしへーい) 沖縄県那覇市に伝わる妖怪。 潮渡橋で 「仲西ヘーイ」 と呼ぶと「ヘーイ」と声が返ってきて 「仲西ヘーイ」が現れるといわれている。 どんな姿..
山鳴り(やまなり) 岡山県や高知県に伝わる怪異。 予兆もなしに突然 深山からドーンという大きな音が聞こえるという。 岡山県では、 山で自殺者があると聞こえるといわれている..
鬼八(きはち) 熊本県や宮崎県に伝わる巨人及び鬼。 熊本県阿蘇地方に伝わる「鬼八」は 「健磐龍命(たけいわたつのみこと)」の家来であり、 命が放つ矢の拾い役であったが、 ある..
麦搗き峠(むぎつきとうげ) 岡山県勝田郡古吉野村河原 ――現在の勝央町河原に伝わる怪異。 夜にこの峠を通ると、 麦を搗く様な音が聞こえてくることがあるという。 狐の仕業だ..
麦うらし(むぎうらし) 山口県吉城郡 ――現在の山口県に伝わる妖怪。 麦の熟れる頃に現れるという。 郭公を方言で 「むぎうらし」 と呼ぶ地域もあり、 郭公を妖怪視した..
ボーケン 長野県東筑摩郡に伝わる妖怪で 「ボーケ」 とも呼ばれる。 目が大きく、 足がないといわれている。 2013/05/22追記 日野巌著『日本妖怪変化語彙』..
真玉橋の逆立ち幽霊(まだんばしのさかだちゆうれい) 沖縄県那覇市になる真玉(まだん)橋に出たという幽霊。 真玉橋は何度架けても何度も流される橋であったが、 ある巫女が七色の元結の..
牛女(うしおんな) 主に関西地方に伝わる妖怪。 頭が牛で着物を着ているとか、 頭は人で体は牛であるともいわれており、 四つん這いになって追いかけてくるともいわれている。 ..
前のページ    1  2    次のページ