クリア
岩波書店」 の検索結果 179 記事
糖はイスラーム世界でいかなる役割を果たしたのか。膨大な史料を駆使して、砂糖きび栽培、砂糖生産と交易、政治権力による関与、医学・食との関わりなどを解明する。ひとつの「もの」を通して描くイスラーム社会..
で、学校で、外出先で、もし災害に遭ったら?年々、大災害が増加し、被害も拡大しています。いつどこで災害に遭っても命と財産を守れる「減災」社会に変えていくにはどうしたらよいか。災害のメカニズムを知り、..
書は「青空文庫POD」シリーズ 2015年12月期発行分の1冊です。「青空文庫POD」はインターネットの図書館「青空文庫」の紙書籍版(印刷書籍)です。プリント・オンデマンド(POD)の利点を活用し..
雅にして軽妙―芭蕪と好対照をなす俳文の名手、也有(一七〇二‐一七八三)珠玉の文集。和漢の古典と民間里謡に精通し、修辞的技巧を凝らしながら、機智に富んだ温かなまなざしを身の回りの器物や動植物に注ぐ。..
〇世紀資本主義への転換期、開拓フロンティアの消滅や都市の時代の始まりを背景として、ベースボールは成立した。当時、衰退の波にさらされていたミドルクラス・白人男性の「夢」として、数々の神話や幻想を織り..
倒的多数の議席を背景に、憲法や民意をないがしろにして暴走する安倍政権。空洞化する民主主義をどうすれば再生できるか。鳥取県知事や総務大臣を務め、気鋭の論客として知られる著者が、国政や地方自治などをめ..
力と対立を繰り返しながら、日本の侵略に立ち向かい、中国を大きく変えていった国民党と共産党。このふたつの政党を主人公として、ソ連との関係や運動の実際などにも目を配りながら、革命とナショナリズムに彩ら..
ロー帝に仕える宮廷の生と自決の死―帝国の繁栄と矛盾の中で運命の変転を体現したローマの哲学者セネカ(前4頃‐後65)。絶対権力を念頭に、怒りという破壊的な情念の分析と治療法を逆説的修辞で論じる『怒り..
本列島人4万年の雄大な歴史を、現代から旧石器時代へとさかのぼりながら、たどります。人の動きを引き起こす政治的中心地の移動と、古今の列島人や近隣地域の人々のゲノム解析を軸に、人口や身長、人骨や土器な..
イル川の氾濫を豊かな自然の恵みとして活用することにより誕生したエジプト文明。やがて数々の王朝が交替し、軍事遠征、異民族との交流など、周辺世界との様々な関わりのなかで変遷をとげていった王国の壮大な歴..
どんどん先へ走りつづけて、とうとう遥か彼方の左右に壁が見えたときには、とても幸せな気持ちだった。でも、この長い壁が急速に両側から迫ってきて…〉――カフカの寓話に描かれた走りつづけるネズミは、ファシ..
念分析とフーコー流の知の考古学とを織り合わせ、現代哲学の潮流を変えてきたハッキング。自らの方法を「歴史的存在論」という形で提示した論文をふくめ、『言語はなぜ哲学の問題になるか』から『何が社会的に構..
前のページ    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11    次のページ