クリア
怪談」 の検索結果 1309 記事
とある海岸沿いにある N公園では 発情した恋人たちが 週末ごとに カー・〇ックスを しているという。 そんなウワサを聞いた 男子高校生たちが どうにかして のぞいてや..
Y子さんは  その日、 家に帰るのが 深夜になってしまった。 人通りのなくなった道は シーンとしていて 心細くなる。 すると背後から コツン コツン ..
とある地方都市に とても評判の良い 総合病院がある。 手術ミスなど いっさいないうえに、 医者も看護師も ニコニコとして あいそがいい。 だが時折、 入院中の患者が ..
夜遅く、 となりの部屋から ボソボソと 話し声が聞こえてきた。 うるさいな、 と思いつつも 聞き耳をたてると 数人の男たちが いるようだった。 その中には 聞きおぼ..
霊感がある、 という女性に 幽霊の見つけ方を おしえていただいた。 「まずね、  風が強いのに  髪がゆれてない人ね。  あと、  雨なのに  体が濡れていな..
町はずれにある 古い団地の 1階には Aさん、 Bさん、 Cさん、 Dさん、 の4家族が住んでいた。 ある日の昼下がり Aさんの奥さんが Bさんの部屋のベラ..
成人式のあと 友人たちと 小学生のときに埋めた タイムカプセルを 掘り出そう ということになった。 土に汚れた 缶の中からは 「未来の自分へ」 と書かれた 何通もの..
社会人になった 1年目、 高校時代の先輩に 再会した。 すると先輩は 「あれ…?  おまえって、  死んだんじゃないの?」 と 青い顔をしている。 「やめて..
体調を崩した 祖父のために 介護ベッドを レンタルした。 やってきたのは 最高級の フランス製ベッドだった。 祖父も 大変喜んでくれた。 しかし翌朝 「もう ..
近所の河で 夜釣りをしていると なぜかその日は ふだんよりも 大漁だった。 うれしくて ひとり、はしゃいでいると 10メートルほど 離れた土手の上に カップルが 寄..
友人とふたり、 菜の花畑に行った。 広い敷地に たくさんの黄色い花が 揺れていて あまりの美しさに ため息がこぼれる。 夢中になって シャッターを押していると 黄色い..
今日、 発売になった 週刊誌を買おうと 駅前の 書店に向かった。 だが オープンの時間は とっくに過ぎているのに、 なぜか シャッターが 半分しか開いていない。 ..
前のページ    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11    次のページ