クリア
択一式試験」 の検索結果 22 記事
平成29年度版過去問を買うなら民事信託平成28年の実務問題で出ました。この民事信託は平成28年のテキストから登場し、無料講習の講師の方もここは出る!ということで言われておりましたところきち..
平成29年度版過去問を買うなら経済編ここは正直基礎教育出てないと絞りにくいです。基本的には前年に金融政策があればそれが出ている感じですが、平成28年は土地白書から出ました。基礎教育で土地白..
平成29年度版過去問を買うなら事業編計算が結構大変で一問ミスると後に響くのがこの事業の問題。ここも過去問をしっかりしておけば数字の入れ替えである程度は点が取れます。が、平成26年からたくさ..
平成29年度版過去問を買うなら実務編ここは2問出ますのでしっかり勉強しておきたいところ。ただ、年度によってはかなり難しい問題が出ます。が、全部解けないというほどの問題は出ません。勉強してお..
平成29年度版過去問を買うなら記述式試験の対策はどうすればいい?記述試験は、必修科目として実務2問、事業1問、経済1問金融、税制、建築、法律の4つから1問の計5問×各20点で100点となっ..
平成29年度版過去問を買うなら経済・金融編(択一式問題)経済・金融を学習する単元です。択一試験の第11問~第24、25問で出ています。ここは、かなり範囲が広く、直近の経済情勢や金融情勢、マ..
平成29年度版過去問を買うなら私法編(択一式問題)民法をはじめとする私法を学習する単元です。択一試験の第43問~第50問で出ています。ここは、かなり範囲が広いので、頻出しそうな部分を抑えつ..
平成29年度版過去問を買うなら建築・公法編(択一式問題)建築を提案する際に、事前調査や建築計画の策定などの業務を学習する単元です。択一試験の第36問~第42問で出ています。ここは、不動産の..
平成29年度版過去問を買うなら税制編(択一式問題)不動産コンサルティングの税金に関する業務を学習する単元です。択一試験の第25,26問~第33問で出ています。実務では、最終的には税理士など..
まず、不動産コンサルティング研修テキストの第一分冊を開けると最初の科目が「不動産コンサルティングとは」です。ここは不動産コンサルティング業務の成り立ちから技能試験や登録制度、関連制度などに..
公認 不動産コンサルティングマスター試験 難易度は?合格率が50%前後の試験ということで考えると試験としてはそんなに難しくない部類に入ります。受験者数・合格率・合格点はこちら不動産の資格で..
不動産コンサルティング・基礎教育は受けるべき?不動産コンサルディング技能試験を受けるに当たり、不動産コンサルティング・基礎教育は受けるべきかというのは結構悩むところです。不動産コンサルティ..
前のページ    1  2    次のページ