クリア
新潮社」 の検索結果 523 記事
籍雑誌はもちろん看板やメニューにも鵜の目鷹の目。時には対象物を解体したり味わってみたり。辞書編纂――それが著者のライフワークだ。日常語から若者語・難解語までを視野に入れ、独自の視点で編まれる『三省..
決裁文書改ざん問題で揺れる中、麻生財務相は、週刊新潮でセクハラ発言が報じられた福田次官をすぐには更迭しない道を選びました。   安倍政権のダメージを抑えるための苦肉の策ですが、与党では「問題を長引か..
京ディズニーランドでアルバイトすることになった21歳の若者。友情、トラブル、恋愛……。様々な出来事を通じ、裏方の意義や誇りに目覚めていく。秘密のベールに包まれた巨大テーマパークの〈バックステージ〉..
争と政治に引き裂かれ、「北京」と「台北」に分かれた、ふたつの故宮。同じ名をもつ東洋の二大博物館が、相容れない仲となって約半世紀が経つ。しかしいま、中国と台湾の歩み寄りが、両故宮をにわかに接近させつ..
つから日本人は世界史が“苦手”になったのだろう。“コツ”さえつかめば、世界史ほど面白いものはないのに―。「物語のない歴史は退屈である」「日本人にキリスト教がわからないのは当然」「中世とルネッサンス..
をつけよう、バカな言葉と暗い道――。 「現内閣の喫緊の命題は、すべからく役不足であること」……こんな文章を書いてしまったら、あとで赤っ恥かきます――。 「私淑」「歴任」といった誤用例から、「上か..
GB退役大佐ポポフには、なぜ世界的医薬企業ホライゾン社代表のブライトリングが、テロ事件の黒幕なのかわからなかった。驚愕すべき陰謀を知り、キャンザス州の同社施設から逃げ出したポポフは、昨日までの宿敵..
和43年に公開され三船敏郎、石原裕次郎の競演で空前の大ヒットを記録した傑作「黒部の太陽」。今や伝説となったこの映画の裏側には、壮絶なドラマが隠されていた。五社協定の壁、配給問題、困難を極めたトンネ..
州松代藩――五代目・真田信安のもと、政治の実権を握り放縦な生活に走った原八郎五郎を倒し、窮乏の極にある藩の財政改革に尽力した恩田木工を描く表題作。関ケ原の戦い以来、父昌幸、弟幸村と敵対する宿命を担..
覚めればそこに死体。LAPDの警官の群れ。顔見知りの刑事。んで―おいおいオレが逮捕なの?60年代も終わった直後、街にサーフ・ロックが鳴り響くなか、ロスのラリッ放し私立探偵ドックが巻き込まれた殺人事..
知らず、恋の奴(やっこ)―奴隷―になってしまった万葉の名歌に秘められたドラマ。いつかは都へ帰る人――。赴任先の現地妻を自認していた遊行女婦が、かりそめの恋の終わりに流した涙。若き日の穂積皇子と異母..
うしていつもうまくいかないのか? 叶わぬ愛をめぐる9つの切ない物語集。『オスカー・ワオの短く凄まじい人生』の著者の最新作。...続きは本文で【 著者 】 ジュノ・ディアス【 評価 】 5.0立ち読..
前のページ    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11    次のページ