クリア
新美南吉」 の検索結果 113 記事
◆新美南吉(にいみなんきち 本名:新美正八 1913年7月30日生)  [児童文学作家]  愛知県出身。1913年、畳屋を営む父と母の次男として生まれる。この前年に生まれ、生後わずか18日..
07:21 03/27 有名人の死 by 亀蔵 http://shinda.net/
今日は何しよ(^3^)3 皆さん、月見だんごのあとは、お彼岸だんごとこの時期はとってもいい季節ですね(*^_^*) 今日は、お墓参りに行って来ました(^-^) いつもこの時期、感心するのは「彼岸..
 子どもの頃、『赤いろうそくと人魚』という話が好きでした。 「赤いろうそく」というまがまがしさと「人魚」のなまめかしさに、作者である小川未明の名前の人形のような丸み。それらにいや応なく惹かれて、だか..
子供時代には素朴でいなければならないはずなのだが、歳を重ねるにつれ変な生きるための知恵がついてしまったのか、小生は宮沢賢治の黒ぶだうに出てくる狐にむしろ近くなっていた。あなたはどう感じる。黒ぶだう宮沢..
◆『世の中にはこれくらいの不思議はあってもよいと思われます』 最近の「世にも奇妙な物語」は元々ある小説やマンガなどを映像化させた作品が多いですよね。秋特の【未来ドロボウ】や【ファナモ】なんか..
冷たくなった子狐の手を見て、 母狐は手袋を買ってやろうと思います。 どうしても町に近づけない母狐は 子狐をひとりで町に行かせます。 美しい文章と幻想的なイラストが特徴の名作です。 手..
てぶくろを買いにが、 あまりにも可愛いのですが。。。 どうする?  ごんぎつね・てぶくろを買いに (角川つばさ文庫)[本/雑誌] (児童書) / 新美南吉/作 あやか/絵..
ごんぎつね、懐かしい(^^) また文字として読んでみたくなりました。 うっすらとした記憶しかないし、、 今の自分が読むとどんな感想を抱くのだろう というのに興味があります。 ごん..
21:28 10/11 Mao Mao Blog by maomao http://maolog.seesaa.net/
新美南吉 〈ごんぎつね〉〈手袋を買いに〉 そして〈でんでんむしのかなしみ〉-悲哀と愛の童話作家 生誕一〇〇年記念 書いた本名からしても、心やさしい作家なんでしょうね。 ..
23:01 05/03 食と健康の道具 by ろまんすえこー http://habakkuk27.seesaa.net/
でんでんむしのかなしみ 皇后美智子様も大切に読まれた新美南吉の童話。 お子さんやお孫さんへのプレゼントにもピッタリですね。
でんでんむしのかなしみ 【楽天】 新美南吉さんの名作です。
新美南吉 ごん狐.mp3 岩波文庫、岩波書店「新美南吉童話集」より http://www.aozora.gr.jp/cards/000121/card628.html
前のページ    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10    次のページ