クリア
日月神示」 の検索結果 103 記事
「日月神示」は、神典研究家で画家でもあった岡本天明氏に、 1944年に「国常立尊」と呼ばれる高級神霊より自動書記によって降ろされた神示です。 その「日月神示」が伝える御霊の浄化実践が自分自身と世界..
 今回余命記事は、 「証拠を残さぬこと」「日月神示」「日本古来のあん摩」 等の投稿が列挙掲載されています。 ≪兄弟ブログの紹介≫ ★余命解釈と繋がる「つぶやき..
「いのり」は, 祈り あるいは 祷り と当てる。意味は,辞書(『デジタル大辞泉』)には, 「動詞『の(宣)る』に接頭語『い(斎)」が付いてできた語』 とあり, 神..
【更新:2016/06/20】 ★注釈:これは現時点に於ける私的な「本当の真実」の結論ですが最終結論では有りません。必要に応じて随時、更新していきます。尚、当blogに掲載されている全ての記事から総..
【更新:2017/12/03】 ■【2017/12/03】<重要>日本絶滅確定? ↓これが事実なら「日本は近い将来絶滅する」と私の目には映りますが...なぜか日本は相変わらずそれなりに平和みたいで..
【更新:2016/04/25)】 ■最新!3月15日直前にニビルが停止した? ソース元:日本や世界や宇宙の動向さん 「ニビルが停止した?」 原文(英文)ソース元:Before It's New..
 第一帖 (一七四)  富士は晴れたり日本晴れ。 の巻 書き知らすぞ。此の世に自分の物と云ふ物は何一つないのであるぞ。早う自分からお返しした者から楽になるのざぞ。今度の大洗濯は三つの大洗濯が一度に..
・powerfulintentions.org 日月神示 扶桑の巻の第八帖 神に怒りはないのであるぞ。 天変地異を神の怒りと取り違い致してはならん。 地獄の存在に戸..
第一帖 (一三八)  地つ巻 書き知らすぞ、世界は一つの実言(みこと)となるのぞ、それぞれの言の葉はあれど、実言(みこと)は一つとなるのであるぞ。てん詞様の実言(みこと)に従ふのざぞ、命(みこと)の..
第一帖 (一〇八)  二二は晴れたり日本晴れ、二二に御社(みやしろ)してこの世治めるぞ。五大州ひっくり返りてゐるのが神には何より気に入らんぞ。一の大神様まつれ、二の大神様まつれよ、三の大神様まつれよ..
 第一帖(八一)  道はいくらもあるなれど、どの道通っても、よいと申すのは、悪のやり方ぞ、元の道は一つぞ、初めから元の世の道、変らぬ道があれば、よいと申してゐるが、どんなことしても我さへたてばよいよ..
   第一帖(四三)  富士は晴れたり日本晴れ。青垣山めぐれる下つ岩根に祀り呉れた、御苦労ぞ、いよいよ神も嬉しいぞ。鳥居はいらぬぞ、鳥居とは水のことぞ、海の水ある それ鳥居ぞ。皆の者 御苦労ぞ。蛇(..
前のページ    1  2  3  4  5  6  7  8  9    次のページ