クリア
書評」 の検索結果 4223 記事
著者の明智憲三郎氏は明智光秀の側室の子、於寉丸の子孫を自称されている方で、自分の先祖である明智光秀が起こしたとされる本能寺の変について、解明されるのをライフワークとされている。 ちなみに光秀には側室..
この本は小説ではない。 歴史上の人物が発したとされる言葉について、その背景を伝えることで、本当にその言葉を言ったのかどうか、あるいは誤解されたまま伝わっているのではないか、というようなことを考察した..
最愛の妻サッチーを亡くしたノムさんが、亡き妻を偲びながら、妻を亡くした高齢の男はどうすべきかについて、持論を述べておられる本である。 読む前はもっと泣きごとのようなことが書かれているのかと思っていた..
デマゴーグ不時を両両星霜程程残しているとはいえ、終了(封鎖)心証が漂う関西朝政を変速する口調でもある。 クレムリン直の再考に惑わされず、five星霜行にわたる「安倍朝政」に対する書評をしっかりとけつ..
17:18 09/07 自動社説子 by autoeditorial http://autoeditorial.seesaa.net/
「明日にのばせることを今日にするな」 いきなりこのような格言から始まる本である。 ことわざ、格言などについて藤子不二雄A氏が文章を書き、西原理恵子氏がカットを入れる。 かつてのヒット本「恨ミシュ..
当ブログでは恒例の、二週間に一度の 【書評】です。 今回は、フランキー堺さんの1993年に 発売された「芸夢感覚(げいむかんかく)」 について少し触れたいと思いますが・・・。 読者の..
今回のAcademic Share Academic Shareは近大のアカデミックシアターに関連する本を紹介しようと活動しています!今回のアカデミックは「レバレッジ・リーディング」 目次作品情..
今回のAcademic Share  前回紹介したレバレッジ・リーディングに関連して今回は同じ著者から「レバレッジ時間術」を読んだのでシェアします! ..
歴史は暗記するようなものではなく、自分で考えてみるものと教えてくれる作家、高田崇史氏の最新作です。 今回の舞台は出雲。 殺人事件が起こり、それが歴史の謎とつながっているおなじみのパターンで話が進み..
外務省のラスプーチンと呼ばれた元外交官で作家の佐藤優氏が高校一年の夏休みに東欧とソ連を旅行したときのことを描いたノンフィクション作品である。 舞台は1975年の東欧とソ連。 冷戦だなんだと言われて..
takarastation / 善財太郎(タカラタロウ)松林薫(2018) 『迷わず書ける記者式文章術 プロが実践する4つのパターン』 慶應義塾大学出版会. 普段は余り知る事のできない 記..
takarastation / 善財太郎(タカラタロウ)伊藤園の「1日分の野菜」は、 野菜の「量」だけでなく、 「栄養素」もしっかり摂れる 優れ物のようです。 管理栄養士の98%が 伊藤園の..
前のページ    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11    次のページ