クリア
書評」 の検索結果 4228 記事
一発屋芸人と呼ばれ、世間からあっという間に忘れられる人々。 そんな彼らに暖かい目を向け、彼らの経歴や現在の立ち位置、そして、再ブレイクを目指し頑張っている姿を見事な文章で表現しているのが、この本であ..
図書館で借りた竹中直人さんの著書を 今日読み終えました。 「役者は下手なほうがいい」 (*コチラです。↓) なかなか刺激的なタイトルです。 竹中直人さんは今では役..
一時期話題になった通称キミスイ。 実写版の映画を見て感動したので、原作を読んでみました。 ストーリーは皆さんご存知かもしれませんが、ヒロインが膵臓病で余命いくばくもないことを偶然知った主人公の..
ここのところずっと忙しく、風呂に つかって半身浴をしながら読書をする 暇もなかなかなかったのですが、今日、 だいたい8割方、読み終えましたので、 この本を紹介したいと思います。 今日を逃..
芥川賞を受賞した話題作を読んでみました。 芥川賞というとお堅い純文学の賞というイメージがありましたが、この小説は非常に笑える作品です。 ギャグを散りばめているわけではないのですが、少し感覚のずれた..
中国四大奇書のひとつ水滸伝。 一◯八の星の生まれ変わりが梁山泊という天然の要塞にこもり、乱れた世を直すという物語であるが、途中まで痛快でものすごく面白いのに、最終的には敵に利用されて仲間の大半が死ん..
著者の明智憲三郎氏は明智光秀の側室の子、於寉丸の子孫を自称されている方で、自分の先祖である明智光秀が起こしたとされる本能寺の変について、解明されるのをライフワークとされている。 ちなみに光秀には側室..
この本は小説ではない。 歴史上の人物が発したとされる言葉について、その背景を伝えることで、本当にその言葉を言ったのかどうか、あるいは誤解されたまま伝わっているのではないか、というようなことを考察した..
最愛の妻サッチーを亡くしたノムさんが、亡き妻を偲びながら、妻を亡くした高齢の男はどうすべきかについて、持論を述べておられる本である。 読む前はもっと泣きごとのようなことが書かれているのかと思っていた..
デマゴーグ不時を両両星霜程程残しているとはいえ、終了(封鎖)心証が漂う関西朝政を変速する口調でもある。 クレムリン直の再考に惑わされず、five星霜行にわたる「安倍朝政」に対する書評をしっかりとけつ..
17:18 09/07 自動社説子 by autoeditorial http://autoeditorial.seesaa.net/
「明日にのばせることを今日にするな」 いきなりこのような格言から始まる本である。 ことわざ、格言などについて藤子不二雄A氏が文章を書き、西原理恵子氏がカットを入れる。 かつてのヒット本「恨ミシュ..
当ブログでは恒例の、二週間に一度の 【書評】です。 今回は、フランキー堺さんの1993年に 発売された「芸夢感覚(げいむかんかく)」 について少し触れたいと思いますが・・・。 読者の..
前のページ    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11    次のページ