クリア
書評」 の検索結果 4254 記事
直木賞を取りたいというビートたけし氏。 二作目の小説を読んでみた。 簡単にストーリーを説明すると、小説家を目指すものの大成できず、ゴーストライターなどをして生活している男と飼い犬のゴンとのほのぼの..
    今回は、2006年12月発売された『レバレッジ・リーディング』を読了。   ひかるさん @hikaru_output のTweetからこの本にたどり着いた。感謝。   http..
今回は12月26日に発売されたばかり、内田和成さんの『右脳思考』を読了。内田和成さんは2006年には「世界の有力なコンサルタント25人」にも選出された日本のトップコンサルタント。ボストンコンサルテ..
内容は拾い読みをしていましたが西欧中世と言えば名が挙がる有名所の方々が各章を担当されてます。 但し、各章の文章量の制限故か、相当深い内容のことを書いていても表現的にはかなり圧縮された形で..
ファーストコンタクト物になるのでしょうか? 文体はいいのですが、最後の最後のところでSFとしてもう少しなんとかならなかったのかなあ~というのが率直な感想です。 途中まで、さりげなく..
『胡蝶の失くし物』3巻 『さびしい女神』4巻 『先生の隠しごと』5巻 『鋼の魂』6巻 『童子の輪舞曲』7巻 本シリーズは通し番号が振ってないので、この本読んだから次の本はどれか分..
エミリオ・サルガーリ「二十一世紀の驚異」シーライトパブリッシング 2013年4月 【経緯】名のみ高い本作が2013年に翻訳されていたことをようやく知り、さっそく購入した。 【感想】小説としては紋切..
最近、御朱印巡りをしているのでこの手の寺社仏閣に関する本をあれこれ読み漁っていて見つけた本。 とにかく普通のこの手の本では出てこないようなマイナーな神社や寺がいろいろと出てきます。 大..
1巻だけだいぶ前に読んでいて残りも後で読もうと思って放置したままだったのですが、ちょっと時間が出来たので1巻からまとめて全巻を読了しました。 最初はかなり長閑ないい雰囲気だったのですが、..
書評です。 「カフカ・ブーム」なるものが、フランツ・ カフカの死後、第二次大戦後に欧米に訪れた ことは諸々の「カフカ本」を読んで知って いましたが・・・。 今、私に「カフカ・ブーム」..
先の当ブログでも少し触れましたが、 昨年末、私は「地球音楽ライブラリー  サザンオールスターズ 改訂版」を 読み終えました。 (*コチラです。↓) これ、私は図書館で借り..
高田崇史氏による古事記出雲シリーズ第二弾。 前巻は出雲大社などの謎に迫っていたが、今回は奥出雲を巡り、再びスサノオやヤマタノオロチの謎に迫っている。 特に今回キーワードになるのは、神様の名前などに..
前のページ    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11    次のページ