クリア
書評」 の検索結果 4255 記事
日本の歴史上、天狗、鬼、土蜘蛛などと呼ばれた存在がある。 彼らは神話の中に生きる空想上の生物ではなく、実は人である。 人間と呼ばれるのは、京の都に住まう貴族たちだけだった。 それ以外の敵対する異..
映画化もされた作品。 作者はラジオ関係者で数多くの賞を受賞している方だそうだ。 ある日、ヒロインの付き合っている男が、スマホをタクシーに落とし、それを別の男に拾われる。 スマホを拾った男はパ..
意外な歴史解釈でいつも驚かせてくれる作家高田崇史氏。 デビュー20周年を記念して発売されたのが本書である。 ファンの方ならわかるだろうが、QEDシリーズ、千葉千波シリーズ、そして、現在進行中の..
今日は、当ブログでは初めて【書評】を 書きたいと思います。 いや、別名義のブログで私は結構これまで 書評を書いてきましたが、ちょっと、当 ブログに相応しいであろう好著を見つけ ましたので..
かつての甲子園のヒーローであり、プロ野球界のスターでもあった清原和博氏が薬物にどうして手を出してしまったかまでを取材者に対して語る形式で、まさに告白している書籍である。 そこには、番長なんて呼ば..
第一部では、正直どうかなあ~? 読むのを止めようか迷っていましたが、読み続けて良かったです!! 第一部の最後辺りから徐々に盛り上がり、第二部辺りから、はっきりと面白くなってきまし..
古書関連で知らぬ者などいない著名な著者による古書を取り扱った推理小説です。 著者の他の同様な作品ではそこそこ面白かったので改めて読んでみたのですが、残念ながら、本書はハズレです。 既に当時の時..
辛い病気であるが、まだまだ偏見も多いうつ病。 その病に突然かかってしまったプロ棋士が、発病から復帰までの一年間のことを書いた実録記である。 これまで、うつ病のことを医者なり、周囲にいる人間が書..
売れているライトノベルで本絡みということで読み始めました。 設定的には気が付いたら異世界で・・・・といういつものパターンで著者はなろう系のご出身みたいですね。 まあ、それはいいんですが..
ドラキュラも避けて通るという「ドラよけお涼」こと、薬師寺涼子警視が相棒と共に謎の怪物たちと対決するシリーズである。 ところどころに政治への批判なども書かれていて、かつての人気シリーズ創竜伝を思い出さ..
河出の澁澤龍彦全集を全巻持っているし、読了しているので本書に出ているものも全て1回以上読んでいるはずなのに、それでも読んでいてこんなのあったっけ?というものが幾つもありました。 さすがは..
名前は知っておりましたが、芥川賞作家さんだったんですね。 しかも本書で。 少し前に読んだ「読書で離婚を考えた。」という本で著者に関心を持ち、あと、元々伊藤計劃の未完作品の共著でも名前を..
前のページ    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11    次のページ