クリア
椎名誠」 の検索結果 114 記事
・「雨」「蚊」をテーマにしたワンシチュエーション小説 ・「雨」は哀切、「蚊」は不気味な読後感 ・怖いというほどではないが、上記が気に入れば、他の小説も楽しめる。 おススメ..
東海林 責任感ということをどう考えているのか。 椎名  ウマヅラハギはね、あの顔見ただけで、これは責任感ないだろうなあって思うね。 東海林 逃げ回っているね、顔がね。 東海林 責任感のあるの..
ハハの風呂の友が変わりましたん。 はい、 ハハは風呂で本を読むんだす。 ハハは本好きではありますが コレクターではありませんので 平気で本を風呂やトイレに持ち込み..
こんにちは。 ぱるです。 日の出が遅くなってきて、 外はまだ暗く、 目覚ましをかけても、 すぐに起きれないことが多くなってきました。 布団の温もりがいとおしく感じる..
どうも、三浪ラガーマン山本です。 今夏の『いなかっぺ』生活も中盤戦となってきました。 僕の学生達との共同生活も残りが刻々と少なくなっていきます。 今日は「です・ます」を使わずにタメ口で以下書..
アラフォーになって以来のわたしの体の不調のひとつが不眠症。 さらにここのところ仕事が忙しいのが続いてるストレスからか、平日まともに眠れてる時間が、多分数時間くらいな気がする。 このブログで..
福本です。 今回取り上げるのは 「種を植えればお金がみるみる花を咲かせる」 などという謳い文句でクオリティの低い動画を 恥ずかしげもなく公開している案件についていく..
 筆者にとって初めての海外旅行先は1990年のソ連だった。大黒屋光太夫(だいこくや・こうだゆう)のシベリア大陸横断を200年後に追体験した作家の椎名誠に感化され、自分も追体験しようと思ったのだ。新潟か..
群ようこといえば、椎名誠らが経営していた本の雑誌社で事務員をやりながら、本好きが高じて自らも文章を書き、奇しくもそれが売れて作家に転身してしまったという、地味で地道で強運な物書き。 本の雑誌社は..
ねじのかいてん - 古本屋でなんの時なしに買って、熟成していた一冊。積み本消化の流れで読了したが、イケてる内容だった。 一見してパロディじみた短編がいくつか収録されている..
椎名誠氏 作家デビュー35周年記念イベント!! 【トークショー】 ※150名限定 増席決定! 日時:11月16日(日) 14:00〜16:00 (13:00開場) 会場:モンベル品川サロン ..
急に寒くなってきましたね。本日ご紹介させていただく本は、もっと寒いシベリア横断のお話です⛄ 『シベリア追跡』著:椎名誠発行:集英社 江戸時代、伊勢白子の船頭である大黒屋光太夫とその16人の..
前のページ    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10    次のページ