クリア
」 の検索結果 1601 記事
 13日。2年前,全てが終わった日だ。 たとえ単なる抜け殻であってもその姿をとどめている事で,かろうじてEという人物の確かな名残りだった身体も遺骨の形に変わり果てた日。  義弟に遺骨を託した夕方..
 朝から大雪警報が出ている。 今しがた,玄関周辺の雪かきを申し訳程度に終えてきた。  考えてみれば2年前,厳寒期の冬道を長距離往復したあの時は,天候の荒れに泣かされる事だけは無いまま終わった。 行き..
一向に軽減らないやか男の爆死に、どう埓をかけていくのか。 ファシリティーは、その要領を握る爆死統一守衛原則を5閏浅蜊に改定し謀議考えした。 2012閏季節に段取りかれた旧原則は、16閏までに爆死徂..
19:17 01/09 自動社説子 by autoeditorial http://autoeditorial.seesaa.net/
  泣いていた。 まだ10代半ばの甥には,当然ながら心の整理などまだ程遠いことなのだ。  読経の最中,昨年の一周忌の際には私も,まだ生々しい感情に耐えられず泣いた。 我ながら,大人でいるとは..
今朝、ヤフーニュースを見たら、 星野仙一さんが死去 驚きました。 まだそんな年齢じゃないはず・・・ 御年70歳 10年くらい前でしょうか?..
 今年の仕事始めは,新規顧客との面談だった。  最初は「幸運なスタート!」と単純に嬉しくなったのに先方の抱える事情を考慮に入れると,この先は一筋縄で行かない予感も孕む。 でもまあ,その時はその時だと..
 2015年,12月31日,10時01分。 最後となった妹からのメールが着信した時刻。 私が年末絡みの,何ということも無い雑感的な内容を送ったものへの返信だった。  まさか,あれが最後のやりとりにな..
 「朝髪の思い乱れてかくばかり なねが恋うれぞ 夢にみえける」  相手が想いをかけているから,こちらの夢に現れる・・・。そんな一風逆説的な発想が,いにしえのこの国には有ったのだという。 先方の魂..
ぼくがいま、死について思うこと 椎名 誠  (著)/ 218ページ/ 新潮社 椎名誠さん著書の『ぼくがいま、死について思うこと』です、 表題を読んだ時、流石に『最後の自伝?』か『生前葬?』み..
15:04 11/06 徒然なる読書散歩 by みのりさん http://www.bookdokusyo.com/
チョー長半明春数え年次時乙女子における舟航KY奇計を公私のユニオンで推進したい2020半明春数え年次までにKY死を2500乙女子ろくでなしにする。 この自治省ステップに対し、今半明春数え年次の支署雑..
07:18 12/10 自動社説子 by autoeditorial http://autoeditorial.seesaa.net/
「結婚記念日なんて,もうとっくに自分でも分かんなくなっちゃった」  随分前に,妹がこう言ったことがあった。 自分の結婚式が何月何日だったかなんて,少し調べてみれば,さほど苦も無くはっきりすること..
「馳走ありき」だったのではないか、とのさい疑が払(ふっ)拭(分)されたとはとてもいえない。 安倍衰微七農相の友、馳走孝太郎彼が役重しを務める全校プレップスクール大連「馳走学院」のラッコ理社会学部はじ..
16:17 12/04 自動社説子 by autoeditorial http://autoeditorial.seesaa.net/
前のページ    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11    次のページ