クリア
関連するラベル 地球温暖化 気候変動
氷床」 の検索結果 29 記事
  これまでに何度か伝えてきた南極半島に位置するラーセンC棚氷がついに分離し、巨大氷山が誕生したと研究チームが公表しました。 【これまでの経緯】◆ 【南極】ラーセンC棚氷の亀裂が海に到達するまで..
  気候変動による海面上昇の問題は、このブログでも何度か取りあげてきました。グリーンランドの氷床が全部とけて海に流入すれば約7メートル、西南極の氷床融解は約3メートルの海面上昇につながるといわれて..
  南極の棚氷などの動向を調査しているイギリスの研究チーム「Project MIDAS」が6月28日に更新したブログによると、数年前から亀裂が発生している南極半島のラーセンC棚氷の最も海側に位置する氷..
【この記事には続きがあります】◆ 【南極】ラーセンC棚氷がついに分離  巨大氷山が誕生◆ 【南極】ラーセンC棚氷の亀裂が海に到達するまであと4.5kmに  巨大氷山分離へのカウントダウン続く◆ 【南極..
  今週は北極と南極の氷床融解に関するよろしくない研究結果の発表が相次ぎました。気候変動に関する極地域の研究結果で明るい未来が見えてホッとした記憶がないので、ここで取りあげるのはいつも「予測よりも速く..
  デンマークの気象庁によると、例年は5月末から6月初旬に融解を始めるはずのグリーンランドの氷床が、1ヶ月半以上早い4月11日にとけ始めたそうです。   北極圏の氷全般を観測しているデンマークの気象..
  地球は自転軸を中心に24時間に1回の自転を行っていますが、極点は必ずしも同じ位置にあるわけではありません。地球の質量の変化によって極運動は変化し、極点も移動を繰り返しています。科学者は1899年以..
  このまま気候変動対策をとらずに現在のペースで温室効果ガスの排出を続けると、南極大陸の氷が従来の予測よりも速いペースで融解し、今世紀末までに南極の寄与分だけで最大1.05メートル海面が上昇する可能性..
  産業革命前からの気温上昇を2℃以内に抑えることができれば、温暖化による壊滅的な影響を避けることができると言われてきましたが、これは「たぶん大丈夫なんじゃないかな」という程度の政治的な数字で、確かな..
  2100年までに、地球温暖化による海面上昇と人口増加が原因となり、アメリカの沿岸地域で最大で1300万人が移住を余儀なくされるかもしれないという研究結果(Hauer et al. 2016)が、科..
  グリーンランドを覆う氷床の表面が様々な原因で暗くなることにより、太陽エネルギーを反射する割合が減少し、氷の融解を加速させているという研究結果が科学誌「The Cryosphere」に掲載されました..
米航空宇宙局(NASA)によると、西南極で失われている氷の量を、東南極で増えている氷が上回っており、従来減少しているとされていた南極大陸の氷床が実は増えていたという研究結果を科学誌「Journal o..
前のページ    1  2  3    次のページ