クリア
関連するタグ 下町ロケット 阿部寛
池井戸潤」 の検索結果 764 記事
半沢直樹、続編は来年1月!? 「やられたらやり返す!倍返しだ!」などの台詞が社会現象になった半沢直樹。 堺雅人が忙しすぎてなかなかオファーが取れなかったとか。 NHKの「真田丸」が終わる秋か..
池井戸潤「不祥事」の読者レビューを 集めましたので参考にして下さい。 (50代・男性) 「もちろん相当の脚色があるでしょうが,業界を知らない 一般人にとっては,銀行組織における「俺が,俺が..
池井戸潤「不祥事」の読者レビューを 集めましたので参考にして下さい。 (50代・男性) 「普通です。面白くないということではなく、この作者に すればちょっと物足りないと思いました。」 ..
七つの会議 池井戸潤 集英社文庫 著者の作品のなかでも、どちらかというとこういうタイプの本の ほうが、個人的には好みである。 ひとつひとつの話が、つながっており、また淡々と進んでいながら..
池井戸潤「不祥事」の読者レビューを 集めましたので参考にして下さい。 (30代・女性) 「わざとではあると思うのですが、変な余韻残しの 終わり方が・・・。次編で触れる、というテクニック ..
毎日のようにニュースや新聞の一面を飾っている三菱自動車の不正問題。 今回の三菱自動車の燃費詐欺問題は、 そもそも日産にOEM供給していた軽のデータが おかしすぎると日..
池井戸潤「不祥事」の読者レビューを 集めましたので参考にして下さい。 (50代・男性) 「いろいろと複雑に絡み合った会社の中、コレだ! と見えた正義の道を突進する花咲舞の姿、人の心を 理..
いつも世間から周回遅れどころか、3周くらい遅いわたしだが、今回もそのパターン。 時々、何か無性に、会社経営とか経済関連の小説を読みたくなる。資金繰りとか売掛金とか不良債権とか引当金とか、そいう金..
【ようこそ、我が家へ】(池井戸潤) ドラマ『半沢直樹』の話で盛り上がっていたときに「これも面白いよ」とお薦めされた本。 真面目で争いを好まない会社員・倉田が、駅で男に注意したことでストーカー行為を..
【七つの会議】(池井戸潤) 各章は短編集として読め、それが重なって最後に一つの大きな問題が浮かび上がる物語。 ある章(会社での顔)では嫌な人だと思っていた人も、 別の章では違う面(育った環境や家..
【下町ロケット】(池井戸潤) 図書館に予約し二年近く待っていた本。 下町の町工場の社員たちが資金繰りや大企業の圧力を跳ね除け、自社製部品を使ったロケットを打ち上げる。 この疾走感と清涼感が読んで..
下町ロケット(2) [ 池井戸潤 ]価格:1,620円(税込、送料込)  ロケットのエンジン部品開発で倒産の危機を切り抜けてから数年。町工場・佃製作所は、またしてもピンチに陥っていた。そんな時、..
前のページ    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11    次のページ