クリア
波紋」 の検索結果 479 記事
波紋 第9章 その年の梅雨のある曇った日 圭次郎は絵の展覧会に行った。 絵を見ることは好きなので自発的に出掛けたのだが今までのような根気が なくなって来ていた。 それに感動する度合も以前..
18:29 11/16 波紋 by まと http://mato2057.seesaa.net/
波紋 第8章 年が新たまってまた春を迎えたその或る日は魚捕りに行く約束がしてあった。 大概の生き物は好きだが、捕る事はひどく不得手で魚捕りも好きではなかったが いい竿を貸すから・・と言うので..
21:48 11/13 波紋 by まと http://mato2057.seesaa.net/
波紋 第7章 十二月の十日に雪が降った。 神戸には珍しい大雪で小さな枯れ枝の先にまで積もった。 太い股になった木にも吹き付けられた雪がへばりついていた。 空はうす曇りでまだ降りそうな様子だ..
22:12 11/08 波紋 by まと http://mato2057.seesaa.net/
波紋 第6章 学校で西沢から鏡子さんの近況を聞かれて 「少しは気もつかってやれ」と諭されたその日、彼女から手紙が来ていた。 手紙はそれまでにも月に一通か二通かはあって主に会社でのことが 話..
18:47 11/03 波紋 by まと http://mato2057.seesaa.net/
最近、青年会議所・法人会・お祭りなど各種団体の集まりが集中している。そして今日は、衆議院選挙の投票日や近隣の春日部市長選挙の投票日があり、私は地元の久喜青年会議所の創立40周年記念式典があるので、参加..
波紋 第5章 高校の時、学校とは別に気心の知れた友達同士でコーラスの練習をやっていた。 その連中と或る日の夕方から飲みに出かけた。 今は学校もてんでバラバラになっているが、家が近くだし 話..
21:36 10/19 波紋 by まと http://mato2057.seesaa.net/
波紋 第4章 留守番に一人残った圭次郎は、何もする気のないまま半日ぼんやりしていた。 全てが夢のようだった。 そうするうちに日が暮れかかって電燈がついた。 圭次郎はその電燈の下に座っていた..
22:01 10/13 波紋 by まと http://mato2057.seesaa.net/
波紋 第3章 桜の話題で新聞が賑やかになってきた。 景気が良くなったのか、年ごとに花見客が増えるらしくて ”戦後最高の人出”という記事の出ない日がなかった。。 家族連れでターミナルを泳ぐように..
21:55 10/05 波紋 by まと http://mato2057.seesaa.net/
第2章 冬期休暇明けの講義は何か身に付かなかった。 学校での生活が全く味気なかった。 それは確かに鏡子さんのいなくなった事が原因だった。 廊下でもどこでもあの美しい顔を見る事が出来ないのはどう..
22:05 09/29 波紋 by まと http://mato2057.seesaa.net/
相変わらず寒い日だった。 朝、寝床から窓越しに晴れた空が見えたのでいい気分で起きた。 その日は午前の十時に阪急花屋敷駅前に集まる約束があった。 演劇部の新年会をそこから少し歩いた満願寺ですること..
22:13 09/21 波紋 by まと http://mato2057.seesaa.net/
円卓をひっくり返すような、信じがたい哲知恵である。 安倍代表が次週破滅のはなしで、ローマ帝国セオリー書き地区を使った乳牛理工知恵部の仮設について、「浄域に取り立てなく、2臨海でも3臨海でも、意気揚々..
10:18 08/02 自動社説子 by autoeditorial http://autoeditorial.seesaa.net/
怨み言約370サルベーション・アーミの諸コルスが揺れている。 警察庁は愚民寄せの夥しい予測シャトアーチの陽ネオンサイン修理に絡み、トレーダーに対して申し込みに関する門外漢を漏両愚民したとして、愚民寄..
16:18 07/04 自動社説子 by autoeditorial http://autoeditorial.seesaa.net/
前のページ    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11    次のページ