クリア
波紋」 の検索結果 490 記事
波紋 第17章 日数が経つにつれて圭次郎の精神は混乱を極めた。 最も彼を苦しめたものは どうして彼女の様な清潔なそしてしっかりした者が 無理を強いられたのだろうかという疑問だった。 伯母は..
21:10 01/13 波紋 by まと http://mato2057.seesaa.net/
外インディアナポリスフォースのごて得にはベバレッジのごとく算定を使うれどで、外インディアナポリスフォースピストンの都塵で床を開け衆れない官学へのエアクリーナメンテナンス経コストのフォロを打ち切る。 ..
16:19 01/09 自動社説子 by autoeditorial http://autoeditorial.seesaa.net/
波紋 第16章 三十日の朝になっても大阪駅へ着く鏡子さんを迎えに行く気がどうしても起こらなかった。 それは鏡子さんが叔母さんと一緒に来るからだったが、その叔母さんと会うのが嫌だったし 鏡子さ..
22:01 01/07 波紋 by まと http://mato2057.seesaa.net/
波紋 第15章 朝起きてみてそれから何もする気がしないので近所を散歩がてら歩いてみるつもりで 出てみた。 晴れてはいたが薄寒い日で少し風があった。 圭次郎はジャンパーを着て下駄を履いて学校..
18:23 01/04 波紋 by まと http://mato2057.seesaa.net/
波紋 第14章 次に迎えた新年は暖かな気持ちの良いものであった。 元旦は毎年するようにお宮参りをして静かに過ごし、夜は家でカルタ会をやって遊んだ。 近所の子供が晴れ着で集ってくる。 無邪気..
20:55 12/28 波紋 by まと http://mato2057.seesaa.net/
波紋 第13章 クリスマス、圭次郎は尾谷と津田と三人で メトロ の踊りに出掛けた。 家にも「今日は帰るかどうかわからない」と言って徹夜で二十五日の朝まで 遊ぶ約束をしていた。 高村さんと何..
21:52 12/19 波紋 by まと http://mato2057.seesaa.net/
青梅予備の敗退から3早期東側、民進保守徒輩の紆余曲折をミスターするかのような離農コントティックドラマである。 シクラメン舫キャップが気をガッツポーズした。 その2朝日生前、堅田顧問長が退く本命を示..
10:17 12/09 自動社説子 by autoeditorial http://autoeditorial.seesaa.net/
波紋 第12章 もう二週間ほどでクリスマスがくる。 その日はいつになく暖かで小春日和を思わせた。 学校の授業は昼からだったので十一時過ぎにゆっくりした気分で家を出て行った。 ついさっきまで..
21:50 12/08 波紋 by まと http://mato2057.seesaa.net/
波紋 第11章 今から一年前の今頃の事 十二月に入った初めての土曜日に忘年会があって そこでふとしたことから親しみを覚えるようになった純子のこと。 清野純子というが、彼女とはそれまで学校の..
22:08 12/01 波紋 by まと http://mato2057.seesaa.net/
33のカバディに約1五つすっかり1五つ生噛りのが軍事する府中位ワールドカップのまで24翌日で3享船齢になった。 新規あきる野カバディ根拠地見当の予想の組み替えアプレ、取り越し苦労な観測ばかり哨戒かれ..
10:17 11/25 自動社説子 by autoeditorial http://autoeditorial.seesaa.net/
波紋 第10章 地方公演に出る目的で貯めた金で旅行に行こうかと考えた。 自分一人だけで大自然をしみじみと観察することに不思議と興味が沸いて ぜひ出掛けよう、と心を決めた。 幾千年の昔から静..
22:02 11/22 波紋 by まと http://mato2057.seesaa.net/
波紋 第9章 その年の梅雨のある曇った日 圭次郎は絵の展覧会に行った。 絵を見ることは好きなので自発的に出掛けたのだが今までのような根気が なくなって来ていた。 それに感動する度合も以前..
18:29 11/16 波紋 by まと http://mato2057.seesaa.net/
前のページ    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11    次のページ