クリア
短歌」 の検索結果 2174 記事
四年寐て一たびたてば木も草も皆眼の下に花咲きにけり前回と同じく明治32(1899)年の歌。四年は「よとせ」。「始めて(原文ママ)杖によりて立ち上がりて」と前書きが付いています。 スポンサーリ..
写真は子規庵の書斎 世の中に蚤のめをとゝうたはれて妹は肥ゆ肥ゆ伕は痩せに痩すここのところ文アルに夢中になっていましたが、また本題に戻して今回は子規の短歌のお話です。 内も外も敵だらけ 俳人だけ..
2週続けて『和泉 幻視行』が産経新聞に掲載されました。手を抜くつもりではない(事もない???)のですが、2週分纏めて書かせていただきます。先週の「晶子生家跡(甲斐町)」は、あまり通ったことのない、地図..
子規庵の居間 妻子らとむつみかたらふ夢さめて砧うつ音旅にしありけり子規の短歌を初めて取り上げます。明治32(1899)年7月2日の子規庵での歌会で出された歌です。出席者は子規のほか、河東碧梧桐、..
   光差す窓辺に君の笑み浮かび         吾名呼ばれ 振り返る百箇日 (山桜)
短歌を二十首詠みました。
20:00 06/12 端的な自殺 by 阿波野治 http://osamuawano.seesaa.net/
八丁松原の先、JRの陸橋からの眺めを楽しんで、ここでいいのか怪しげな?階段を下り、さぁこれからが暑く長い迷子の道程でした。 大体最初の広い府道沿いに立っていた白くて目立つ道標と同じ形の道標が行く先々に..
『ねずみもち 白き輝く たをやめの 手取り踊るは 熊か雀か』
道案内の看板も見て、さあ「伊勢寺」への道は大丈夫と思ったのに、またまた浄土真宗のお寺が並ぶ道に迷い込んだ後、どういう訳か日吉神社に辿り着きました。   神社参拝は未だ控えようと思っている..
   ぬばたまの闇に仄かに蛍火の縋りて舞ひつ儚き逢瀬(山桜)
5/14(日)「和歌山で短歌を楽しむ会」に行ってきました。会は13時に開幕、若手歌人3人による短歌の朗読から真中朋久氏(短歌会『塔』選者/歌人)の「マンガと短歌」講演、15分の小休憩を挟んでハイラ..
『青葉雨 ぴとんぴたんと 雨垂れば 空き缶奏づる 洞水の門』
前のページ    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11    次のページ