クリア
私小説」 の検索結果 51 記事
「青い鳥のロンド」の出版で日々が慌ただしく過ぎ、はや一箇月にもなる。出版というのはいつも、いやな疲れを伴うものだ。それはたぶん、物書きとしての本来の努力とは違う努力を強いられるからだろう。それが長く続..
最近の又吉氏の芥川賞受賞で脚光を浴びる(?)芥川賞ですが、私、受賞作家の作品をほとんど読んだことがなかったりする。ここのところ、TVで又吉氏の番組を見ることが何度かあってたまたまに頭にひっかか..
きょたろーくんに西加奈子著『サラバ!』について語ってもらいました。一人の男の生まれてからの人生を描いた作品できょたろーくんは感銘を受けたそうです。 123 西加奈子著『サラバ!』について語ってみ..
扶桑社から「夫のちんぽが入らない」というタイトルの本が発売され、10日間で6万部を突破する売れ行きとなり話題になっています。 主婦ブロガーである こだまさん の実体験を綴った『私小説』なのですが..
14:43 01/27 気ままな日記 by おは子 http://ohako.seesaa.net/
小川さんの読書が進まないため、別の見方をしましょう。 (前回も言いましたが、完全に自分の都合の良い考えになっております・・・。) 私の小川さんのすべてを数回(いや、この投稿の内容からすると十数..
マルテの手記 (新潮文庫)リルケ 大山 定一 新潮社 1953-06-12 by G-Tools , 2016/05/26  台風が来る前、湿っていて、暑くて息苦しい月曜の夜、一人の女..
今の時期は、アマガエルをよく見かける。 何年か前の話だけど、外の水道設備に住み付かれてしまって困った時があった。 相当お気に入りだったらしく、追い払っても一向にあきらめる気配がない。   ..
「まぐろ漁船」12冊目…シニカルに輝く歯車の曼荼羅『ナボコフの一ダース』 ナボコフの一ダース (ちくま文庫) [文庫] / ウラジミール ナボコフ (著); 中西 秀男... ウラジミール..
08:29 01/27 PILLOW NOTES by のら(NORA) http://gatoescribir.seesaa.net/
読書録「漂流物」4 著者 車谷長吉 出版 新潮社 P13より引用 “人の隠された本質は弱肉強食の畜生である。牛や豚の屍体を 「お肉」と言い換えて、平気で喰うている畜生以上の畜生で..
【送料無料】a boy(初回限定盤 CD+DVD) [ 家入レオ ]価格:2,927円(税込、送料込) 家入レオ アルバム a boy CD DVD この時19歳の家入レオの”今”か...。 ..
23:41 01/26 生きてゆく未来へ by 生田未記男 http://686445.seesaa.net/
新装版 限りなく透明に近いブルー (講談社文庫)posted with amazlet at 13.11.22村上 龍 講談社 売り上げランキング: 35,858Amazon.co.jpで詳細を見る ..
 「純喫茶」と「純文学」という言葉を見たり聞いたりしなくなって久しくなります。「純喫茶」や「純文学」を感覚的に分かる人は,ある年代以上の世代に限られましょう。  明治時代前期までの文語体の文学か..
10:01 10/24 文学ノート by ろぉじ生 http://bulien.seesaa.net/
前のページ    1  2  3  4  5    次のページ