クリア
科学と社会」 の検索結果 54 記事
 科学祭について考える5回シリーズ、その最終回は日本の科学祭ネットワークに関して考えます。  明治期以降の日本では、国策による産業振興の流れで博覧会や見本市が盛んに行われるようになってきて、最近は見..
 科学祭について考える5回シリーズ、その第4回は世界の科学祭ネットワークを紹介します。  第1回でも少し触れましたが、現在の形の科学祭は英国で生まれ、世界各地に少しずつ広まっていて、典型的なもの..
 科学祭について考える5回シリーズ、その第3回は日本の科学イベントの歴史と、その源流に関して考えます。 1)国際博覧会  日本で科学祭的なイベントというと、多くの方が思いつくのは国際博覧会でし..
 科学祭について考える5回シリーズ、その第2回は日本の科学祭の一覧と現状、近年の実状に関して整理します。  第1回でも少し触れた通り、その出自は様々ですが、地域の町興しや科学と他の文化との交流及び融..
 新しいプロジェクトを始めます。  科学と社会の関係を考える上で、その前向きなものの1つが、日本各地で開催されている科学祭です。  科学の魅力と意義を社会で共有し、楽しいひとときを過ごす場と、..
 今年 10 周年を迎えた、日本の科学コミュニケーションの祭典兼総合見本市「サイエンスアゴラ」。  その歩みとともに、研究問題ワークショップ「本音で語る」も今年で 10 回目を迎えました。  前身..
 今年のサイエンスアゴラ「本音で語る」では、生命操作の問題を扱います。  既報の開催案内にあるとおり、3人のゲストの皆さんをお迎えします。  そのお三方から、メッセージをお預かりしています。 ..
 今年のサイエンスアゴラ・研究問題ワークショップ「本音で語る」では、生命操作の問題を取り上げます。  例年同様、問題群の背景や構造を、私見と腕力の許す限りで、大雑把に整理してみたいと思います。  ..
 今年のサイエンスアゴラ・研究問題ワークショップ「本音で語る」では、生命操作の問題を取り上げます。  例年同様、問題群の背景や構造を、私見と腕力の許す限りで、6回分のエントリーを使って大雑把に整理し..
 今年のサイエンスアゴラ・研究問題ワークショップ「本音で語る」では、生命操作の問題を取り上げます。  例年同様、問題群の背景や構造を、私見と腕力の許す限りで、6回分のエントリーを使って大雑把に整理し..
 今年のサイエンスアゴラ・研究問題ワークショップ「本音で語る」では、生命操作の問題を取り上げます。  例年同様、問題群の背景や構造を、私見と腕力の許す限りで、6回分のエントリーを使って大雑把に整理し..
 今年のサイエンスアゴラ・研究問題ワークショップ「本音で語る」では、生命操作の問題を取り上げます。  例年同様、問題群の背景や構造を、私見と腕力の許す限りで、6回分のエントリーを使って大雑把に整理し..
前のページ    1  2  3  4  5    次のページ