クリア
第62回選手権大会」 の検索結果 70 記事
第62回全国高校軟式野球選手権大会は、東海代表の中京学院大中京が3年ぶり8度目の優勝を果たして幕を降ろした。今大会の熱戦を振り返る。 スポンサードリンク 第62回全国高..
3年ぶり8度目の優勝を狙う中京学院大中京と、初の決勝に挑む茗溪学園が対戦。両チームともここまでエースの力投でこの大会を勝ち上がってきた。中京学院大中京は2年生右腕の佐伯が予選を含め61イニング..
3年ぶり8度目の優勝を果たした中京学院大中京の選手 スポンサードリンク 第62回全国高校軟式野球選手権大会は29日、明石トーカロ球場で決勝を行い、東海代表の中京学院大中京が茗溪..
2017年夏の全国高校軟式野球選手権大会も、残すところあと1日。決勝戦は3年ぶり8度目の全国制覇を狙う中京学院大中京と、学校史上、そして茨城県勢としても初の決勝進出を果たした茗溪学園が..
第62回全国高校軟式野球選手権大会は28日、大会第4日準決勝2試合を行い、3年ぶりの全国制覇を狙う中京学院大中京と、初めての4強入りを果たした茗溪学園が29日の決勝に進出した。 ..
初のベスト4入りを決めた学校同士による対戦となった準決勝第2試合。 茗溪学園は絶対的なエース森岡が2試合を投げ、昨夏優勝の天理、同準優勝の早大学院を立て続けに封じた。予選から6試合で無失..
第59回大会(2014)以来、3年ぶり8度目の全国制覇を狙う中京学院大中京は、ここまで、2年生エース・佐伯の好投が光る。140km/h台の直球を持つ本格派右腕は、予選から登板した6試合で無失点..
9盗塁と機動力をみせた茗溪学園 スポンサードリンク 第62回全国高校軟式野球選手権大会準決勝第2試合は、北関東代表の茗溪学園が地元兵庫の篠山鳳鳴を4-0で下して、初の決勝進出を..
スポンサードリンク 第62回全国高校軟式野球選手権大会準決勝第1試合は、3年ぶりの全国制覇を狙う中京学院大中京が登別明日を延長11回の末に下し、あすの決勝に進出した。 両者..
8/28、休養日明けの大会第4日は決勝を懸けた準決勝2試合が行われる。今大会はベスト4のうち、3校が準決勝に初進出した。唯一、全国制覇の経験がある中京学院大中京も、全国を舞台に選手が自..
23年ぶりの全国選手権出場に湧いた地元兵庫の篠山鳳鳴。快進撃は全国選手権の舞台でも続く。 前日の1回戦の木更津総合との試合では、両者譲らず0-0のまま延長戦へ突入。12回でも決着が着かずに、..
9年ぶりに全国選手権出場の古豪・富山商。10年前の第52回大会(2007)では準優勝を果たした。当時就任2年目で決勝までチームを導いた大井監督は今季限りでの勇退を表明している。監督と1日でも長..
前のページ    1  2  3  4  5  6    次のページ