クリア
米株」 の検索結果 122 記事
バフェットの投資基準、投資哲学が書かれた本! 内容も読みやすくこれから投資をする方はもちろんのこと、 すでに株をしている方にもぜひ参考にして欲しい一冊です
グローバルリンクアドバイザー による中国株セミナーに参加。✌ ★中国株の第一人者、戸松信博氏関連グッズはこちら★ 2013年の米国株については これまで大統領選挙後は下がる傾向があ..
こんばんは よそふめです。 さて、今日は不労所得の RIETの分配金、日本株の配当金、外国株の配当金、楽天銀行のゴールドラッシュプログラムの入金履歴を公開します。 配当&ゴールドラ..
米株式市場は続伸。 2月の中国消費者物価指数(CPI)が 16ヶ月ぶりの高水準となったことで 金融引き締め観測が強まり、終日小動きなりました。 米シティーが「持続的収益の回復を見込む」 ..
米株式市場は続伸。 需要が回復し企業利益を押し上げるとの期待が高まり、 銀行・ハイテク株が上げを主導しました。 景気が改善しているならば金融株が上昇するはずだ という自然な結論を導いている..
米株式市場は小幅高。 通信株や工業株が買われ序盤は大きく伸びましたが、 商品相場が下落し素材関連株を圧迫したことから 上げ幅を縮めることに。 また、当局が特定銘柄の空売り規制を検討する可能..
米株式市場はダウとS&Pが小幅安に。 S&Pは7営業日ぶりに反落。 ナスダックはハイテク銘柄が買われ 終値ベースで1年半ぶりの高値をつけました。 ダウ 10552.52ドル -13.6..
5日の米株式市場は続伸。 2月の雇用統計・非農業部門雇用者数が 予想ほど落ちこまなかったことや、 1月の消費者信用残高が1年ぶりに増加に転じたことなどが 手がかりとなりました。 3・4月は一..
米株式市場は上昇。 予想を上回る2月米小売売上高や 新規失業保険週間申請件数の減少など、 景気の安定化が示されるかたちとなったことで。 1月の製造業新規受注も増加。 一方、1月の住宅..
米株式市場はダウとナスダックが小幅安。 民間雇用や非製造業関連の統計が改善したことを受け 米市場は一時上昇しましたが、 銀行の自己勘定取引禁止などが盛り込まれた 新金融規制案「ポルカー・ル..
米株式市場は小幅続伸。 肥料メーカーCFインタストリーズ・ホールディング、 ダウ・ケミカルなど、一部セクターでM&Aを巡る動きが 市場の地合を支えました。 ただ、終盤にかけて 最近上昇し..
米株式市場は続伸。 米保険大手アメリカン・インターナショナル・グループが アジア生保部門売却。 半導体大手サンディスクの強気の業績見通しなどを好感。 また、債権問題のギリシャは欧州連合(EU)..
前のページ    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11    次のページ