クリア
関連するラベル 発達心理学 青年期
精神分析」 の検索結果 314 記事
ヘイザンとシェイバーの『アダルト・アタッチメント尺度』:愛着形成の3タイプ 精神科医・精神分析家のジョン・ボウルビィ(John Bowlby,1907-1990)は、人間の精神発達過程や..
精神分析的面接で『自己(self)』をどう評価するか?:自己愛・自己アイデンティティー ジークムント・フロイトの精神分析でいう『自己(self)』は、意識的あるいは無意識的な自分自身とほ..
精神分析で評価される“外的な対人関係”と“内的な対象関係”2:過去の対象関係・トラウマの影響の意識化 精神分析的面接を受けることの意味は、『現在の対人関係(親子・夫婦・恋人・友達との実際..
精神分析で評価される“外的な対人関係”と“内的な対象関係”1:転移感情 フロイト以後の精神分析では、幼児期の移行対象を取り上げたドナルド・ウィニコットや英国独立学派を立ち上げたメラニー・..
精神分析の『自我防衛機制(ego-defence mechanisms)』と各種の神経症との相関関係:神経症と精神病の水準 精神分析の『自我防衛機制(ego-defence mechan..
精神分析と自我・超自我による欲動のコントロール機能の評価:境界性パーソナリティー障害(BPD)の投影同一視 境界性パーソナリティー障害(BPD)の人は自分の激しい感情・衝動に対する自我の..
精神分析における性的欲動の『症状・夢・空想(白昼夢)』への転換:境界性パーソナリティー障害(BPD)の自己制御の障害 超自我(内的な善悪の判断基準)によって欲動・感情が過剰に抑圧されてし..
自我の持つ欲動のコントロール機能と思春期・青年期における精神疾患の発症 自我の重要な機能の一つに『欲動のコントロール機能』があり、自分の欲動を適応的にコントロールできないことが、思春期・..
『成功恐怖(FS)測定尺度』におけるFS1・FS2・FS3の代表的な質問項目 日本で作成された成功恐怖を測定するための心理測定尺度としては、堀野(1991)による『成功恐怖(FS)測定尺..
『成功恐怖(Fear of Success:FS)』と精神分析・ジェンダー論による説明 ジークムント・フロイトが創始した精神分析では、『超自我(道徳的な自己規制)』が強すぎたり『自我(自..
K・ホーナイ『自己分析』を読む。 本書の自己分析とは,セルフ精神分析を指す。いわゆる「自分を知る」という類の自己分析ではない。 著者は,「まえがき」で,精神分析の必要性が高まっ..
自我による欲動(リビドー)のコントロール能力と精神分析の診断面接・抑圧による神経症:4 精神分析の『自由連想・夢分析』といった技法では、その『初期の欲動』が何だったのかを明らかにし、その..
前のページ    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11    次のページ