クリア
関連するラベル 満州国演義 日本史 書評 満州
船戸与一」 の検索結果 57 記事
続いて第三の奏 グルジアからの女誑しである。 グルジアマフィア、ゴラガシビリを駒井克人が訪ねる。 今回の舞台はモスクワである。 シェレメチェボ国際空港を含む全体像は以下のとおり。 ベオ..
12:32 09/17 船戸与一を読む by さすらい人 http://manshuengi.seesaa.net/
続いて第二の奏 暁の移動命令・陽光の眩しさである。 その前に、前回のロンドンの舞台について確認しておこう。 駒井克人の住むフラットはロンドン・タワー・ブリッジを渡って左にあるので、下図の周辺だ..
23:16 09/11 船戸与一を読む by さすらい人 http://manshuengi.seesaa.net/
続いて、第二の奏 夜の扉が開かれたである。 その前に前回のハジの旅路とテヘランの地理について見てみよう。 ハジはクエッタからザヘダンを経て、テヘランにたどり着いている。地図で見てみると以下のル..
07:00 09/08 船戸与一を読む by さすらい人 http://manshuengi.seesaa.net/
今回から船戸与一氏の最高傑作、砂のクロニクルを十数回取り上げたい。山猫の夏よりまとめの粒度を細かくしている。 砂のクロニクルは私が船戸与一氏の小説を初めて読み、その後読み続けるきっかけとなった作品で..
08:00 09/02 船戸与一を読む by さすらい人 http://manshuengi.seesaa.net/
今回は追跡が終わり、エクルウに戻る途中で駒場忠介に会い、山猫の素性が明かされる。 ここで「勝ち組」「負け組」の語源とともに、ブラジルの日本人社会で起こった知られざる抗争が明かされる。池上彰がテレビで..
08:30 08/02 船戸与一を読む by さすらい人 http://manshuengi.seesaa.net/
前回に引き続き山猫の夏のまとめである。 この小説の舞台となったエクルウ自体は架空の町であるが、舞台となった場所はおおよそ実在している。 まず、ペルナンブコ州はブラジルの東側に位置している。 ..
09:30 07/28 船戸与一を読む by さすらい人 http://manshuengi.seesaa.net/
さて、今回からは山猫の夏のまとめを紹介しよう。 4回くらいのシリーズの予定である。 例のごとく、これはすでに読んだ人がどんな内容だったかを思い出せるレベルで書くのでネタバレしまくりなのである。 ..
17:50 07/08 船戸与一を読む by さすらい人 http://manshuengi.seesaa.net/
 ある種の脈絡をたどって船戸与一『三都物語』読了。明日はハチナイのラノベだ。冒険小説スタイルから外れた野球界を舞台にした小説なので、読者からは普段の作風からはやや毛色が違うと思われてるようだけど、日本..
 前回の続き、静澄の手紙の後段の後半である。 「(中略)松平定信は水戸学の中興の祖と言われる藤田幽谷を登用して内憂外患の時期に日本という国家はどうあるべきかについての論述を提出させました。国防に関す..
20:45 03/13 船戸与一を読む by さすらい人 http://manshuengi.seesaa.net/
 今回は静澄から洗元に宛てたとされるエピローグの手紙を取り上げたい。  すでに触れたとおり、この手紙はスルッと読んでしまえば何も残るところのない内容であるが、満州国演義、新・雨月とのつながりを合わせ..
15:15 03/10 船戸与一を読む by さすらい人 http://manshuengi.seesaa.net/
 さて、あなたは蝦夷地別件を読んでいったいどこまでが事実で、どこまでが虚構なのだろうか、と思ったのではないだろうか。  筆者は初読時にはこの小説のほとんどが虚構だと思っていた。  しかし、今回..
16:12 03/07 船戸与一を読む by さすらい人 http://manshuengi.seesaa.net/
蝦夷地別件3.pdf 【取り扱う期間】1789年8月~1793年2月上旬(寛政元年7月~寛政4年12月下旬) 【概略】  松前藩鎮撫軍は厚岸を経て野付嶋に到着する。  野付嶋、根室、厚岸な..
12:00 02/24 船戸与一を読む by さすらい人 http://manshuengi.seesaa.net/
前のページ    1  2  3  4  5    次のページ