クリア
芥川龍之介」 の検索結果 441 記事
芥川龍之介の『歯車』は暗い小説である。単に暗いというのみならず、精神的な圧迫を表現している。人間、追い詰められたとき、もはや具体的な悩みが何であるかもよく分からなくなり、ただつらい、つらいという状況に..
家に帰った主人公は家族や睡眠薬の力で数日平穏に暮らした。ある日インクを買いに行くと彼の嫌いなセピア色のインクばかりだった。店を出た後、ストリンドベリと同じ名のスウェーデン人の狂人を目にする。さらに道を..
日光を避けつつ、小説を書き続け、疲れてエリザベス朝の文学史に目を通し、詩人たちの不幸に喜びを感じる主人公。ある東風の強い夜聖書会社の屋根裏に求道者として暮らすキリスト教徒の老人に会いにいく。彼は老人と..
芥川龍之介の羅生門・鼻。聞くところによると、推敲に推敲を重ねた文章だから読んでいて迫力があるなんだてってね。有佳理さんによさそうじゃないかな。
芥川龍之介の羅生門・鼻。聞くところによると、推敲に推敲を重ねた文章だから読んでいて迫力があるらしいね。有里佳さんにぴったりだと思うな。 羅生門・鼻/芋粥/偸盗 [ 芥川龍之介 ]
短篇を書き上げた主人公は本屋へと出かける。薔薇の花そっくりの紙屑が落ちていたことに好意を感じた彼はその本屋に入り、そこでアナトール・フランスやメリメの本を買った。その後カフェに入り、親子らしき男女を目..
主人公は書店でストリンドベリの『伝説』を読んでいた。それは黄色い表紙で内容は彼の経験と対さないものだった。彼は次々と本を開いていくが、ますます憂鬱を深めるばかりだった。外に出ていろいろなことを思いなが..
ホテルで目を覚ました主人公はスリッパが片方だけないことに気付く。それは恐怖や不安を感じさせた。給仕にスリッパを探してもらった後仕事に取りかかりつつ、いろいろなこと、特に自殺した姉の夫のことを考えた。姉..
『歯車』は芥川龍之介の最晩年の作品であり、その死後発表された。彼が死の前の強迫観念と自殺に向かう心の動きが不気味な心象風景によって表現されている。作品は6章からなる私小説形式の短編である。 今回から..
芥川龍之介の羅生門・鼻。どうやら、推敲に推敲を重ねた文章だから読んでいて迫力があるなんだって。アカリにすすめてみよう。
芥川龍之介の羅生門・鼻。ネットで調べたら、推敲に推敲を重ねた文章だから読んでいて迫力があるっていうじゃない。さきによさそうじゃないかな。
芥川龍之介の羅生門・鼻。うわさによると、推敲に推敲を重ねた文章だから読んでいて迫力があるっていうじゃない。貴美江さんにあげたら喜ぶだろうな。
前のページ    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11    次のページ