クリア
薬物療法」 の検索結果 185 記事
すぐキレる上司っていませんか?私もよく経験したことですが、 『なぜ、そこでキレる・・・?』と疑問に思ったことたくさんあります。 そういうすぐキレる人は、大抵3つのタイプに分かれます。 1つは、自..
うつ病の治し方ですが、 身体苦痛になる副作用を軽減させ、 少量ないしは減量を行い、適切な生活指導を行い、 主体的に生活改善させることが完治に繋がります、 また、物事を楽観思考にさせるため ..
「疲れやすい」「頭痛」「肩こり」「冷え性」という症状は,かな~りひどく・・色んな方法を試してきたし,婦人科受診をしたことも。 30代になったばかりの頃は,「若いのに更年期みたいなことを言っている..
岩波先生という名前をはじめて意識 精神科医によって、いつのまにかうつ病患者にさせられ、薬の副作用に苦しめられていた頃、何度か岩波先生の名前をよく目にしていました。しかし、当時は私の苦しさが抗うつ剤の..
精神医療、特に向精神薬、抗うつ剤を全面的に信頼してはいけない 精神科、心療内科など精神医療の世界がしっかりしているかと問われれば、けっこうやばい所がいっぱいあります。立派な人がたくさんいると信じたい..
過敏性腸症候群は、血液検査や大腸内視鏡検査などを 行っても特に異常は見つからないにも関わらず、腹痛 または膨満感と下痢や便秘が継続的に続く病気です。 このような症状が出る原因は、..
【アルツハイマー病の治療について】 1.薬物療法に関して 現在日本では4種類のくすりが健康保険で使用できます。塩酸ドネペジル(商品名アリセプト)、リバスチグミン(商品名イクセロンパッチ/リバスタッ..
抗うつ薬の離脱症状の地獄 精神科医と自分の認識の甘さにズルズルと薬物依存状態にさせられたあと、私は向精神薬、抗うつ薬を減らそうと思った。当時、私は抗うつ薬の副作用の酷さがうつ病からくるものなのか、薬..
精神科、薬物療法の実態とやばさ あまり考えずに、そして軽い気持ちで精神科や心療内科にいかないほうがいいと私は思います。行くことは駄目と行っているわけではありません。自分の人生を薬によって左右されては..
頭の中で行われる反省、言い聞かせ、意味のない反復思考。それらを我慢=反応妨害し始めてから1ヶ月が経とうとしている。相変わらず強迫観念との鍔迫り合いのような日々だが、脳内の強迫行為は幾らか制御が効くよう..
糖尿病治療には、インスリンや薬に頼らない「薬物療法」以外の方法をご存知でしょうか? これからゆっくりお話していきますが、残念ながら私が知る限り、 ほとんどの糖尿病患者さんは無駄な努力をしてしま..
花粉症の治療法はいくつかありますが、大きなくくりとして、薬物療法が対策としてメジャーだと思います。 注射、抗ヒスタミン剤、抗アレルギー剤、点鼻薬などが薬物療法です。 どの方法が効くか? ..
前のページ    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11    次のページ