クリア
言志四録」 の検索結果 11 記事
少にして学べば、すなわち壮にしてなすあり。壮にして学べば、すなわち老いて衰えず。老いて学べば、すなわち死してなお朽ちず。  (佐藤一斎) 常に学んでいく努力が大切です。インプットがなければ、アウ..
「春風をもって人に接し、秋霜をもって自らを粛む」 佐藤一斎 江戸時代、幕府の昌平黌(昌平坂学問所)の教授であった、佐藤一斎が「言志四録」で書いた言葉である。人と応対するときは、春風のように暖かい..
神渡良平さんの最新作を読みました。 副題は「言志四録の人間学」です。佐藤一斎の言志四録の言葉を多数引用し、多くの人の生き様に光を当てる作品となっています。 神渡さんの作品の多くは、..
今日もロックな一斎先生。 「日間の瑣事は、世俗に背かぬも可なり。  立身、操守は、世俗に背くも可なり。」 日常のどうでもいいことは、 適当に世間に足並みを揃えておい..
佐藤一斎先生の言志後録33条。 人に優しく、自分に厳しくっていう戒めです。 「秋霜」は 冬じゃなくて秋なんだから大したことなさそうなんですが、 「秋霜烈日」という言..
「言志四録」をご存知ですか? 江戸時代の儒学者、佐藤一斎が後半生の40年に渡って表した語録。 西郷隆盛など、維新の志士たちの座右の書であったことでも有名です。 言志録・言志後..
西郷隆盛の座右の書「言志四録」著者:佐藤一斎 現代日本を作る礎となった人々をたどっていくと、この人にたどり着きます。 佐藤一斎・・・江戸時代の儒学者、門下生には多くの偉人が名を連ねる。..
西郷隆盛が座右の書としていた ことで有名な幕末の儒学者・佐藤一斎の 『言志四録』 この本には、現代日本にこそ必要な 人生の知恵が 簡潔かつ的確な言葉で..
20:08 11/25 えすの日記 by えっすぃん http://bookcoach.seesaa.net/
最近ちょっと前に読んだ本とか読み返しています。 まぁよくあることですがね、いかんせん以前ブログとかに 書いていたものだったりすると 改めて書くのもなんですからちょっと躊躇っていたり。..
必読本 第550冊目 「言志四録」心の名言集 佐藤 一斎(著), 細川 景一(編集), 久須本 文雄(翻訳) ¥1,..
少(わか)くして学べば 則ち壮にして為すあり 壮にして学べば 則ち老ゆとも衰へず 老いて学べば 則ち死すとも朽ちず コレ↑は、 ボクが時々、 励みとさせてもらっている、 佐藤..
前のページ    1    次のページ