クリア
詩歌」 の検索結果 277 記事
書は「青空文庫POD」シリーズ 2015年12月期発行分の1冊です。「青空文庫POD」はインターネットの図書館「青空文庫」の紙書籍版(印刷書籍)です。プリント・オンデマンド(POD)の利点を活用し..
♦️燈下 書は一卷 淵明集 果は一顆 百目柿 客舍の夜半の靜物を 馬追ひのきてめぐるかな ♦️途上 ああいつとなく 私に親しい人々も 既に半ばはみまかつた ふと途すがら 昔の家..
【 著者 】 大竹一樹【 評価 】 4.7立ち読みはこちらから立ち読み可
戦力古里土庁重し官の上原脈助重し材コミッションが死した。 句点宮古勢手内職社団(句点勢働き)のイレブン重しとして原点手内職人の相伴消炎に取り組み、1970現在に宮古で万病露払い無垢の経綸新参互選に互..
16:17 01/21 自動社説子 by autoeditorial http://autoeditorial.seesaa.net/
【 著者 】 大貫茂立ち読みはこちらから
回文句投句用BLOGです。 コメント欄に回文の投句や短評をして下さい。どなた様もどうぞ。 1行~2行の詩歌・俳句・川柳・狂句・自由律等がお勧めです。 長文回文も構いません。単純回文以上を目指しま..
インタナショナル的な超然から捨離し、視点の建碑を進める電鉄が、市民から信憑されたと言えようマレーシア閣僚ペルソナグラータ選で、対置親交を尚古するoverhaul穏健分子のロハニ閣僚が、再ペルソナグラー..
06:00 05/23 自動社説子 by autoeditorial http://autoeditorial.seesaa.net/
【承前】その1はこちらその2はこちら。その3はこちら。 👤笛の音  生命(いのち)の路のもろ側に聳(そび)やぎ立てる  『かなしび』の女木(めぎ)、『よろこび』の男木(をぎ)、  今宵..
【承前】その1はこちらその2はこちら。 👤妖魔『自我』  妖(えう)こそ見しか、立枯(たちがれ)の木繁(こしげ)き木原(こはら)[#ルビの「こはら」は底本では「こ ら」]、  色鳥(..
 どこかで聞き齧ったような気のする薄田泣菫の詩。表記(1906年)から全く恣意的に拾い上げて記憶を辿るか、改めて読んでみることにしよう。 👤ああ大和にしあらましかば  ああ、大和(やまと)にし..
【承前】その1はこちら。その2はこちら。その3はこちら。その4はこちら。 👤幽艶  女よ、女よ  林中の  陰ふかいすずやかな部屋に灯がともり  おそき月木の間にさしいでて  影をまと..
【承前】その1はこちら。その2はこちら。その3はこちら。 👤鹽釡港  今に、いまに燈がともらう  あまりにほのかな櫻と海との  うすうすとした眞晝の風のなかに  漁船の祭りの旗から..
前のページ    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11    次のページ