クリア
詩歌」 の検索結果 274 記事
インタナショナル的な超然から捨離し、視点の建碑を進める電鉄が、市民から信憑されたと言えようマレーシア閣僚ペルソナグラータ選で、対置親交を尚古するoverhaul穏健分子のロハニ閣僚が、再ペルソナグラー..
06:00 05/23 自動社説子 by autoeditorial http://autoeditorial.seesaa.net/
【承前】その1はこちらその2はこちら。その3はこちら。 👤笛の音  生命(いのち)の路のもろ側に聳(そび)やぎ立てる  『かなしび』の女木(めぎ)、『よろこび』の男木(をぎ)、  今宵..
【承前】その1はこちらその2はこちら。 👤妖魔『自我』  妖(えう)こそ見しか、立枯(たちがれ)の木繁(こしげ)き木原(こはら)[#ルビの「こはら」は底本では「こ ら」]、  色鳥(..
 どこかで聞き齧ったような気のする薄田泣菫の詩。表記(1906年)から全く恣意的に拾い上げて記憶を辿るか、改めて読んでみることにしよう。 👤ああ大和にしあらましかば  ああ、大和(やまと)にし..
【承前】その1はこちら。その2はこちら。その3はこちら。その4はこちら。 👤幽艶  女よ、女よ  林中の  陰ふかいすずやかな部屋に灯がともり  おそき月木の間にさしいでて  影をまと..
【承前】その1はこちら。その2はこちら。その3はこちら。 👤鹽釡港  今に、いまに燈がともらう  あまりにほのかな櫻と海との  うすうすとした眞晝の風のなかに  漁船の祭りの旗から..
【承前】その1はこちら。その2はこちら。 👤信仰への感覺  さらりとしたる新樹の枝枝に  うすももいろの五時の日が色づく  くたびれて、さてあらゆる興味も去り  昆蟲も滿足し、われ..
【承前】その1はこちら 👤木の間深きを怨みて  私はここに坐り、ねむり又ひとり醒める  あまりに蒼艶なる爽かなけむりにつつまれて  光線のある愁ひの情を  青い響きのする石と水の闇..
 既に採り上げた序言に続いてその詩作から幾つか拾ってみる。 👤過ぎし日  うつくしかつた情熱の煙ともわかれ  もつともわびしい田舍へやつて來たものにとつて  四月のうすい春蘭やまつ白な..
 先ずは詩人の意気込みを知る「飛雄する東部亞細亞人の爲めに」なる序言を転載する。百年近い前だが、果たしてこの雄叫びは実現しただろうか。 【転載開始】  われわれは今やらなければ駄目だ。東半球..
金子みすゞ名詩集 - 明治36年、山口県に生まれた童謡詩人金子みすゞ。 彼女の残した作品には、小さな動植物に対する深い愛情や悲しみ、そして子供の持つ独特の感性などが、みずみずしい言葉で綴られて..
00:00 01/27 ぴーちゃんにっき by マール・ポッカートニー http://13691369.seesaa.net/
2016年12月21日・回文の日記念作品≪募集≫ 【呼掛け】 12月21日の「回文の日」に因み、当「回文迷宮」では、 毎年12月に、題付きの回文連作を募集しています。 月毎の通常投句とは別に、..
前のページ    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11    次のページ