クリア
青空文庫」 の検索結果 426 記事
 どぶどろの人間界は未来永劫変わることはあるまい、と哀しみを伴う諦観が繰り返し襲ってくるが、現世に生きながら仏界に入らんとする大乗の教えの捨てがたいことは正直な思いだ。表記はそんな大乗の教えに目覚..
【承前】その1はこちらその2はこちら。その3はこちら。 👤笛の音  生命(いのち)の路のもろ側に聳(そび)やぎ立てる  『かなしび』の女木(めぎ)、『よろこび』の男木(をぎ)、  今宵..
【承前】その1はこちらその2はこちら。 👤妖魔『自我』  妖(えう)こそ見しか、立枯(たちがれ)の木繁(こしげ)き木原(こはら)[#ルビの「こはら」は底本では「こ ら」]、  色鳥(..
 どこかで聞き齧ったような気のする薄田泣菫の詩。表記(1906年)から全く恣意的に拾い上げて記憶を辿るか、改めて読んでみることにしよう。 👤ああ大和にしあらましかば  ああ、大和(やまと)にし..
【承前】その1はこちら。その2はこちら。その3はこちら。その4はこちら。 👤幽艶  女よ、女よ  林中の  陰ふかいすずやかな部屋に灯がともり  おそき月木の間にさしいでて  影をまと..
【承前】その1はこちら。その2はこちら。その3はこちら。 👤鹽釡港  今に、いまに燈がともらう  あまりにほのかな櫻と海との  うすうすとした眞晝の風のなかに  漁船の祭りの旗から..
【承前】その1はこちら。その2はこちら。 👤信仰への感覺  さらりとしたる新樹の枝枝に  うすももいろの五時の日が色づく  くたびれて、さてあらゆる興味も去り  昆蟲も滿足し、われ..
【承前】その1はこちら 👤木の間深きを怨みて  私はここに坐り、ねむり又ひとり醒める  あまりに蒼艶なる爽かなけむりにつつまれて  光線のある愁ひの情を  青い響きのする石と水の闇..
先日の、本家「生まれてすみません」に続く、 青空文庫サイコー!シリーズです。(そんなのない) 漱石といえば子供のころに読まされた「坊ちゃん」と、
小林多喜二日記19261205.mp3 YouTubeはこちらから https://youtu.be/b6NEPL3CbQQ 「志賀直哉」「里見弴」 二人とも多喜二にと..
15:04 04/17 9・14 by 藤代三千代 http://914b.seesaa.net/
8.mp3 青空文庫「江戸川乱歩全集 第1巻 屋根裏の散歩者」(光文社文庫、光文社)より
7.mp3 青空文庫「江戸川乱歩全集 第1巻 屋根裏の散歩者」(光文社文庫、光文社)より
前のページ    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11    次のページ